review

韓流オカルトホラー「哭声/コクソン」ふんどし一丁で鹿の死体にかぶりつく國村隼凄い

デビューからの2作をもって韓国映画界で確固たる地位を築いたナ・ホンジン監督。その3作目となるのがこの「哭声/コクソン」である。田舎町に唐突に現れた謎の男を巡って頻発する怪事件を描いた、正統派のオカルトスリラーだ。
韓流オカルトホラー「哭声/コクソン」ふんどし一丁で鹿の死体にかぶりつく國村隼凄い
パンフレット表紙
平和な村で釣りをする國村隼。意味深である

舞台は韓国の鄙びた寒村。村では陰惨な殺人事件が多発しており、いずれの事件も犯人は被害者の身内。さらに犯人の皮膚は湿疹のように爛れ、まともに話せなくなっているという共通点があった。事件を捜査する警官ジョングは犯行現場に現れてはフィルム式カメラで写真を撮っていく、最近近所の山に住み着いたよそ者に着目。捜査の中で次々によそ者の奇行が明らかになり疑念を深めるジョングだったが、自らの愛娘にも事件の犯人たちと同様の湿疹が浮かび、言動がおかしくなり始めたことから状況は一変。祈祷師を雇って娘の憑き物を落とそうとするのだが……というお話。

國村隼、韓国の田舎にあらわる


兎にも角にも強烈なのが村に現れたよそ者を演じる國村隼の怪演である。ふんどし一丁で鹿の死体にかぶりつく國村隼、目を赤く光らせつつ岩の上からヌ〜ッと現れる國村隼、半裸で滝に打たれる國村隼、犬に懐かれる國村隼、祈祷師っぽい服装で呪文を唱えつつ太鼓を叩く國村隼、『ブレードランナー』のデッカードみたいな感じで崖にぶら下がる國村隼など、隼マニア(多分世の中には確実にいると思います)なら必見の、今まで誰も見ることのできなかった國村隼が満載だ。

昨年の『ちはやふる』や『シン・ゴジラ』など、ここしばらくは「頼れる年長者」的な役柄が続いたけど、本来國村隼は『アウトレイジ』のセコいヤクザや『進撃の巨人』のよくわからない悪役など、ワルい役柄だってこなせる役者。そして本作の謎めいたよそ者役は間違いなくダークな國村の頂点と言える役所なのである。詳細はネタバレになるので避けるが、とにかく「変なことをやってる國村さんを見たい!」という動機で見に行っても充分お釣りが返ってくる内容なのは保証する。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年3月16日のレビュー記事
「韓流オカルトホラー「哭声/コクソン」ふんどし一丁で鹿の死体にかぶりつく國村隼凄い」の みんなの反応 3
  • 花が眉 通報

    えっゴリ押し?

    4
  • 匿名さん 通報

    ホラーファンとして言うけどコリアンホラーはジャパニーズホラーよりレベル高いよ。パンダ顔女が這いずって来てバァ~ってのと違って陰湿で精神的に来るのが多い。韓国は大嫌いだがホラー好きとしては興味はある。

    3
  • 匿名さん 通報

    げろもほらーも無理!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース