review

飯テロ時代劇「みをつくし料理帖」5話「親なら最後まで子の味方でいたい」

       
ほのぼのグルメ時代劇だと思ったら、怒涛の展開を見せはじめた土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』。原作)前回は、なんと舞台となっている料理屋「つる家」が付け火で燃えてしまった! 『ひよっこ』の「すずふり亭」や『やすらぎの郷』の老人ホームがいきなり全焼してしまうようなものだろうか……。ショック!
飯テロ時代劇「みをつくし料理帖」5話「親なら最後まで子の味方でいたい」
原作シリーズの2

不穏きわまりない大倉孝二登場!


主人公・澪(黒木華)と種市(小日向文世)らが大切にしていた「つる家」が燃えてしまった。そのことを知った澪の幼なじみで吉原一の美貌を誇る花魁、あさひ太夫(成海璃子)が10両という大金を用立てる。金を貸す条件は、澪が料理の道を進むこと。あさひ太夫に届けられた「感謝」の文字がふっと浮き上がる演出が小粋。

いつも憎まれ口をきいているが実は「つる家」を贔屓している清右衛門(木村祐一)の手配によって、新しい「つる家」が開店することになった。大男の大工・伊佐三(小林正寛)もいい味出している。なお、移転先の元飯田町は、今でいうところの九段下あたり。

澪のまわりは良い人ばかりだなぁ、と安心するのもつかの間。坂村堂(村杉蝉之介)が連れてきた料理人、富三(大倉孝二)の顔を見たご寮さん(安田成美)の様相が一変する。背後には雷がドッシャーン! どう見ても不穏すぎる。そしてここに大倉孝二をキャスティングする『みをつくし料理帖』の隙のなさと言ったらない。

富三は、大坂・天満一兆庵の料理人だった。天満一兆庵の(つまりご寮さんの)一人息子・佐兵衛(柳下大)とともに江戸に出てくるが、店は潰れて佐兵衛は行方知れずになっていた。そもそも主人の嘉兵衛(国広富之)とご寮さん、そして澪が江戸にやってきたのは、佐兵衛を頼るためだったのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

みをつくし料理帖

みをつくし料理帖

「みをつくし料理帖」レビュー記事一覧

2017年6月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ひよっこ 朝ドラ
  2. ひよっこ 松本穂香

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。