bit

なぜフランスは郵便事業調査で日本を抑えて2位なのか

なぜフランスは郵便事業調査で日本を抑えて2位なのか

万国郵便連合(UPU)により行われた世界170カ国を対象にした郵便事業調査「郵便業務発展総合指数」で、日本はスイス、フランスに次ぐ世界3位との評価を得た。

同調査はUPUが保有するデータなどを元に、「信頼性(郵便業務運営における効率性レベルの評価)」「到達性(郵便サービスの国際化のレベルの評価)」「妥当性(全ての主な市場における競争力のレベルの評価)」「弾力性(ビジネスモデルの適応能力のレベルの評価)」の4つを基準として、100点満点で数値化しランキングにしたものだ。

これまでコネタでは、フランスの郵便事情がずさんな面を記事にしたことがあった。ところが今回、そのフランスが日本を抑えて2位だった。なぜフランスは2位になることができたのだろうか? UPUに理由を聞いてみた。


高品質なサービス提供が評価された日本


まずスイス、フランス、日本の上位3カ国が高スコアを得られた共通理由は、郵便業務発展総合指数によれば、いずれも広範なサービスを優れたクオリティで達成し、グローバル化に対応、顧客需要の取り込み、急速な変化への対応性ができていたからだ。

上位3カ国は郵便インフラ発展において卓越しており、ほぼ満点に近い。UPUの担当者は「これらの国々は『信頼性』『到達性』『妥当性』『弾力性』という評価分野において、とても良いパフォーマンスをしており、4位のオランダ、5位のドイツを加え、郵便事業の発展という分野において、明らかに世界でけん引する集団を構成している」と指摘する。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「なぜフランスは郵便事業調査で日本を抑えて2位なのか」の みんなの反応 1
  • ******* 通報

    中身のない記事だ。何一つ具体性に欠ける。

    0
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。