review

「ひよっこ」85話。菅野美穂は岡田惠和のラッキースター

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第15週「恋、しちゃったのよ」第85回 7月10日(月)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出:渡辺哲也
イラスト/小西りえこ

85話はこんな話


貸し切りお食事会の闖入者・女優の川本世津子(菅野美穂)は、すんなり帰っていき、乙女寮の楽しいお食事会がはじまった。

素敵な女優


84話に次いで、直虎ふう増田明美が登場して、先週の簡単な振り返り。
そのあと、川本世津子のプロフィールと、彼女が見た目だけでなく性格も素敵なことがわかる。
時子(佐久間由衣)とのやりとりは、若干「あまちゃん」(13年)の、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)とアキ(能年玲奈、現のん)の出会いのようでもあり、「ごきげんよう」のあいさつは、「花子とアン」(14年)を思い出させと、朝ドラ名場面のあわせ技であった。

「英語もできる人みたいにね」と、方言と標準語を使い分けられるようにすると良いと、時子にアドバイスする世津子。時子たちの茨城の言葉をなぜか気にしているようだ。うーん、これって・・・。でも、こういうとき、ナレーションは何も言わない。

菅野美穂と岡田惠和


さて、菅野美穂は、前作の朝ドラ「べっぴんさん」ではヒロインのお母さん役とナレーションを担当していた。
引き続き登場という異例な事態は、岡田惠和が「戦友」として、今回、出演してもらうことにしたそうだ。どれくらい戦友かというと、岡田作品の「イグアナの娘」(96年/原作:萩尾望都)、「君の手がささやいている」シリーズ(97年〜2001年/原作:軽部潤子)ではヒロイン、「ちゅらさん」(01年)では、主人公の住む東京のアパートの住人(メルヘン作家)役で出演していたことをはじめとして、ほかにも何作も岡田作品に出ている。しかも、「イグアナの娘」は、後半、視聴率がグイグイ上がっていった伝説の作品であり、「君の手〜」は、「ちゅらさん」の年までシリーズ化され、その年、岡田は橋田賞をとっている。菅野美穂出演作は岡田にとって幸運の作品でもあるはずだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

お買いものリンク