review

「下北沢ダイハード」テレ東深夜の狂気加速中 最先端の才能の暴走っぷりを振り返ってみた

下北沢の街を舞台に、11人の劇作家によって書き下ろされる「最悪の一日」。『下北沢ダイハード』も中盤にさしかかってきた。ここで第6話の放送前に直近3話を振り返ってみたい。
「下北沢ダイハード」テレ東深夜の狂気加速中 最先端の才能の暴走っぷりを振り返ってみた
イラスト/Morimori no moRi

松井のエッセンスを凝縮した3話


第3話「夫が女装する女」を手がけたのはサンプルの松井周。彼らの作品を語るのに欠かせないキーワードが「変態」だ。先日、松井の主宰する劇団サンプルは10周年を迎えて解体し、松井個人のユニットへと”変態”した。そのあいさつで松井は以下のように語っている。

「男が女に、女が男に、人がモノに、モノが人に『変態』していくこと、これはサンプルの一貫したテーマであり、それは今も変わりません」

松井は「夫が変装する女」でいちばんシンプルな「変態」の様相を描いた。しかしそれは決して表面的なものではない。野間口徹演じる夫の女装姿をママ友に見られまいと奮闘する麻生久美子の姿は笑えるが、彼女が夫を隠したがるのは夫への無理解ゆえだ。最後には麻生が夫の女装の理由を知り、また息子の知らない姿を見て、このひとつの家族のあり方が「変態」する。
ちなみにしゃべり方が印象的な店のウエイトレスは松井作品によく出演する女優、上田遥。最初から誰であれ分け隔てなく接するウエイトレスの許容がやさしい。

数百メートルのロードムービー


第4話「夜逃げする女」は『桐島、部活やめるってよ』の脚本を担当した喜安浩平(劇団ブルドッキングヘッドロック)。女性二人の逃亡ものといえば『テルマ&ルイーズ』が思い浮かぶが、酒井若菜の照美、緒川たまきの類という役名からもそのモチーフは見て取れる。この作品では、下北沢の街がもうひとつの主人公だ。行き詰まった30女が走って逃げたところで、下北沢の街なかをちょっと移動した程度なのが切ない。20年来の親友である二人が決別するのは、いまはなき小田急線の踏切だ。照美の下北沢への未練は、そのまま類への未練だ。いっぽう照美が好きで大切だったからこそ、幸せに向かうのを素直に送り出せなかった類は、さいごに自ら思い出深い下北沢を旅立つ。たった40分で20年の友情と別れを鮮やかに描いてみせた。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年8月25日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下北沢ダイハード

下北沢ダイハード

テレビ東京系で放送される連続ドラマで、11人の劇作家が下北沢で“人生最悪の1日”に巻き込まれた男女を描く1話完結のパニックコメディー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース