review

今夜最終回「コウノドリ」出生前診断でわが子がダウン症候群とわかってしまった…夫婦の選択、医師の対応

サクラ「それぞれの事情の上に命は生まれてくる。育てていくのは家族なんだ」

12月15日放送、金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)第10話。
まだ原作では描かれていない「出生前診断」の問題に、ドラマが挑んだ。
今夜最終回「コウノドリ」出生前診断でわが子がダウン症候群とわかってしまった…夫婦の選択、医師の対応
TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』公式ガイドブック (ヤマハミュージックメディア)

第10話 あらすじ


新型出生前診断を受け「21トリソミー陽性(ダウン症候群)」という結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)。詳しいことを知るため、ペルソナ総合医療センターのサクラ(綾野剛)のもとを訪れた。透子は、確定検査となる羊水検査を受ける。
一方、サクラと今橋(大森南朋)がカウンセリングしていたのは、羊水検査でダウン症と診断された夫婦・辻明代(りょう)と信英(近藤公園)。明代は、家族を思い中絶を希望する。

あなたならどうする? 出生前診断


明代「いろいろ考えると、私たちには育てられないと思います」

出生前診断と羊水検査によって、お腹の中の赤ちゃんが「ダウン症候群」だと診断されていた明代は、人工妊娠中絶を希望する。
夫婦で小さい弁当屋を営んでいて、ダウン症のこどもを育てる余裕がないこと。そして、夫婦に何かあったとき、娘・愛莉だけに負担をかけたくないこと。それが、赤ちゃんを諦める理由だった。

新型出生前診断(NITP)とは、お母さんの血液を採取しておこなう新しい出生前検査のこと。血液の中に含まれている赤ちゃんのDNAを検出する。その際、13、18、21番染色体の数が正常であるか、増加する異常を持っているかなどを調べる。

あわせて読みたい

  • 「コウノドリ」坂口健太郎のミスと成長

    「コウノドリ」坂口健太郎のミスと成長

  • 「コウノドリ」母になる人生ならぬ人生

    「コウノドリ」母になる人生ならぬ人生

  • 「コウノドリ」飛び込む松岡茉優の勇気

    「コウノドリ」飛び込む松岡茉優の勇気

  • 「コウノドリ」死産の残酷、出産は奇跡

    「コウノドリ」死産の残酷、出産は奇跡

  • レビューの記事をもっと見る 2017年12月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コウノドリ2

    コウノドリ2

    TBS系ドラマ「コウノドリ」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。