review

「半分、青い。」86話。間宮祥太朗演じる涼次は朝ドラ男子の類型「ビューネくん」である

「半分、青い。」86話。間宮祥太朗演じる涼次は朝ドラ男子の類型「ビューネくん」である
「全員死刑」 DVD アルバトロス <br />涼次役間宮祥太朗の代表作
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第15週「すがりたい!」第86回 7月10日(火)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:橋爪紳一朗

86話はこんな話


いよいよ書き入れ時、この地区の小中学校、ともすると幼稚園まで運動会の前日、100円ショップ大納言が客でごったがえす中、鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)になにかとフォローされて・・・。

涼次、万能。


運動会を前に殺到する買い物客でにぎわう100円ショップの1日を描く。
雇われ店長・田辺(嶋田久作)による“100ショの極意”の紹介や、客による嫁を軽んじるネタ(「嫁は流しの下からもらえ」(お嫁さんは格下の家からもらえということわざ)も挿入され、「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」的な昭和のほのぼのホームドラマ的な雰囲気が醸し出された。

田辺が鳴らした運動会用のピストルの音を聞いて、脱兎のごとく走り出す涼次。あまりにもおバカさんである。
そんな涼次は、じつは大納言のオーナー三おば(キムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩)の甥だったことが明かされた。社会勉強として光江が(身内であることを田辺に隠して)投入したのだった。

涼次は帽子作りのセンスがあるので帽子屋「3月うさぎ」を継いでほしいと願う光江(キムラ)。
彼のデザインした帽子を作るのが夢らしいが、そんな甥っ子の絵は、田辺(嶋田久作)が鈴愛に気楽にポップの絵を頼んだとき助け舟を出して描いたものを見ると・・・下手だった。まあ、絵の技量とアイデアは別といえば別。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年7月11日のレビュー記事をもっと見る
「「半分、青い。」86話。間宮祥太朗演じる涼次は朝ドラ男子の類型「ビューネくん」である」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    ドラマ「anone」が放送されるだいぶ前の「ひよっこ」の頃、このライターさんはビューネ君に言及していました。

    4
  • 匿名さん 通報

    オープニングの最後の雲、7月になっても先月と同じままでしたが、今週の月曜日から新しいものに変わりましたね。動物の顔のように見える部分はありますが、全体として何に見えるかは思いつきません。

    3
  • 匿名さん 通報

    涼次は三姉妹の甥、すなわち三おばの兄弟姉妹の息子なんですね。苗字が違うということは母親が三姉妹と姉妹、つまり、もとは四姉妹だったのかな?やはりマ行で始まる名前だったのかな?などと邪推してしまいますが。

    2
  • 匿名さん 通報

    イラスト描くことで、落ちぶれ漫画家がこんなところで働いてるのがばれるのが嫌・・というのを瞬間的に察する能力。

    2
  • 匿名さん 通報

    > 広瀬すずのドラマanomeで俺らが実況で使ったワードの丸パクリ。    どの文章のことを言っているのか分からないけど、とりあえず、広瀬すずのドラマは「anone」では? 見たことないけど。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース