review

「ゴールデンカムイ」人間剥製制作者は誰にも認められなかった寂しがり屋。第2クールスタート13話

分割第二期スタート! アニメ『ゴールデンカムイ』(→公式サイト)。第二期一話目は「十三話」という扱い。
「第十四話 まがいもの」は今日10月15日(月)23:00より、TOKYO MXほかで放送。オンライン配信はFOD独占配信中
「ゴールデンカムイ」人間剥製制作者は誰にも認められなかった寂しがり屋。第2クールスタート13話
二期スタート!一話目から変人だらけで安心の展開

●十三話「江渡貝くん」あらすじ


アイヌの村から奪われた埋蔵金を追う、杉元佐一、土方歳三、鶴見中尉の3勢力。
中でも狡猾に動く鶴見中尉は、金塊を軍資金にクーデターを起こし、軍事政権を作るという野望の持ち主。
彼が目をつけたのは、夕張に住む江渡貝弥作。剥製所を営む青年で、製作環境にぴったりの気候を求めて北海道に引っ越してきたらしい。
実際は、人間の剥製作りに夢中になったため、炭鉱事故が起こりやすい夕張で墓荒らしをしていた。
彼の一流の人皮処理技術を見初めた鶴見は、金塊の在り処のヒントになっている人皮の偽物を作るよう、彼に依頼する。

●江渡貝くんとエド・ゲイン


人間剥製で思い出されるのが、殺人鬼エド・ゲイン。直接的なつながりは明言されていないが、共通点を探ると江渡貝のキャラクター性が見えてくる。

二次大戦後の20世紀中盤、15人の女性の死体を解体して、その身体の皮を使って家具、食器、衣装を作ったエド・ゲイン。実際に殺害したのは2人で、残りは墓場から掘り返してきたもの、らしい(諸説ある)。
この事件は世界中を驚かせると同時に、その猟奇性が怪物ゴシップ的に大人気。映画などの他、人皮ファッションはアート的にモチーフにされることも多々。

あわせて読みたい

「「ゴールデンカムイ」人間剥製制作者は誰にも認められなかった寂しがり屋。第2クールスタート13話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >あなたを去勢したのもお父さんに似てきたからよ!」 さらっと流されるシーンだが、勝手に息子を去勢するほど、母親が暴君だったのがわかるセリフ。  怖すぎます❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >彼が残虐な人間なのは間違いない。けれども、時折素で優しいように見える瞬間もあるから厄介  底知れぬ恐ろしさを感じますね

    1
  • 匿名さん 通報

    >ところで、親分と姫の話はカットなんですかね…?   どんな話何ですか❓

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載されている『ゴールデンカムイ』が原作のアニメ。明治時代末期の北海道を舞台に、アイヌの埋蔵金を狙う元陸軍兵・杉元佐一と、アイヌの少女・アシ(リ)パの冒険が描かれる歴史エンターテイメント。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース