review

「大恋愛」眼の前の愛しい男の名を呼ぶ戸田恵梨香、固まるムロツヨシ。ムロの大恋愛が始まる3話

10月28日に放送された『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。主役は北澤尚(戸田恵梨香)だが、間宮真司(ムロツヨシ)にとっても大恋愛。それを痛感した第3話だった。
「大恋愛」眼の前の愛しい男の名を呼ぶ戸田恵梨香、固まるムロツヨシ。ムロの大恋愛が始まる3話
イラスト/Morimori no moRi

真司の大恋愛がこれから始まる


真司がいつの間にか尚のことを「尚ちゃん」と呼んでいる。尚の病気を知らされた瞬間が境だ。覚悟が言葉に表れた。

自分の記憶がちゃんとしているかチェックするため、何か質問するよう真司にお願いをする尚。真司が出題した「好きな小説」「母の旧姓」「真司が捨てられた神社」の3つを自分が答えられなくなったら別れようと尚は切り出した。
「別れないよ。どうなっても別れないよ」(真司)

マンションの内覧の約束を尚が忘れてても真司は責めない。
 約束忘れちゃった、ごめんなさい。
真司 いいよ、また行こ。

親に捨てられ、児童養護施設で育った真司は悲しみに慣れている。苦しみの乗り越え方を知っているし、人の辛さに寄り添うことができる。

「真司と一緒に幸せを感じれるうちに楽しく過ごしたいの!」(尚)
尚には時間がない。一緒においしいものをたくさん食べ、楽しいことをたくさんしたい。2人はビアフェスへデートに行った。楽しそうな尚が、笑いながら涙をこぼしている。楽しいことがあると悲しくなる。幸せすぎて怖い。この幸せは長くは続かない。尚の涙に真司は気付かないふりをした。

玄関に刺した鍵を忘れてしまうなど、尚の病状は急速に進行している。真司は尚の主治医であり元婚約者でもある井原侑市(松岡昌宏)に会いに行った。病院で見た医師としての侑市の出で立ち。経済的にも、容姿も、コンプレックスを刺激してくる存在だった。

あわせて読みたい

  • 「大恋愛」凄いタイトルの仕掛けを推理

    「大恋愛」凄いタイトルの仕掛けを推理

  • 「大恋愛」影のあるムロツヨシだって!

    「大恋愛」影のあるムロツヨシだって!

  • 「大恋愛」笑って喋れない戸田恵梨香

    「大恋愛」笑って喋れない戸田恵梨香

  • 革命的地味ヒロイン「SPEC」戸田恵梨香演じる当麻紗綾と再会

    革命的地味ヒロイン「SPEC」戸田恵梨香演じる当麻紗綾と再会

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月2日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    大恋愛

    大恋愛レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース