review

全員オタクで全員アツイ「日本翻訳大賞」に行ってきました、どんなジャンルでも人が推しを語る姿はステキだ

2019年4月29日に行われた日本翻訳大賞の授賞式に行ってきた。翻訳本の授賞式ということで堅苦しい雰囲気かと思いきや、とても和やかな集い。受賞者も、選考委員らスタッフも、そして海外文学好きの観客たちも、皆がニコニコと進行していたのが印象的だった。
今回の受賞作は『ガルヴェイアスの犬』( ジョゼ・ルイス ペイショット/木下眞穂訳) と『JR』(ウィリアム・ギャディス/木原善彦訳)。
全員オタクで全員アツイ「日本翻訳大賞」に行ってきました、どんなジャンルでも人が推しを語る姿はステキだ
音楽家の顔も持つ選考委員・西崎憲さんのバンド演奏に乗せて、誰よりも原作を読み込んだ翻訳者による「お気に入り部分」を受賞者ふたりが朗読。『ガルヴェイアスの犬』の木下眞穂さん

全員オタクで全員アツイ「日本翻訳大賞」に行ってきました、どんなジャンルでも人が推しを語る姿はステキだ
『JR』の木原善彦さん

日本翻訳大賞とは?

 
全員オタクで全員アツイ「日本翻訳大賞」に行ってきました、どんなジャンルでも人が推しを語る姿はステキだ
イラスト/まつもとりえこ

きっかけは「翻訳賞がないのはおかしいしまずい」という西崎憲(小説家・翻訳家)のツイートにエキレビ!でもおなじみ米光一成が反応したことから。2015年にスタートしたこの日本翻訳大賞は公や企業の資金援助を受けずクラウドファンディングや寄付で運営されている。翻訳家5名(西崎憲、金原瑞人、岸本佐知子、柴田元幸、松永美穂)を中心に回を重ね、今年で5回目。

第一次選考は読者の推薦。約1年のあいだに刊行された翻訳作品から読者それぞれが一番推したいものをウェブ上で推薦する。特徴的なのが、必ず推薦文をつけなければいけないこと。つまり読者もそれなりにオタク、もとい、読書家ということが窺われる。
この推薦文がかなり、アツイ(公式サイトに一部掲載。ぜんぜん読書家じゃない私ですら「この本が1好きだぁ!!」という熱量に引き込まれた(人が推しを語る姿はステキだ)、ぜひ覗いてみてほしい。
全員オタクで全員アツイ「日本翻訳大賞」に行ってきました、どんなジャンルでも人が推しを語る姿はステキだ
イラスト/まつもとりえこ

第二次選考は読者推薦の多かった10作と選考委員5人による推薦作の計15作が残る。それぞれの言語の専門家による原文比較もしっかり行われるそうだ(これまでの受賞作だと韓国語、チェコ語、英語、バスク語、フランス語、スペイン語、ポーランド語、ポルトガル語)。

あわせて読みたい

  • 「余計なことをしない」翻訳大賞授賞作

    「余計なことをしない」翻訳大賞授賞作

  • マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞レポ

    マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞レポ

  • 殺人の容疑者ほぼ全員が無職な物語

    殺人の容疑者ほぼ全員が無職な物語

  • 第1回日本翻訳大賞授賞式レポ1

    第1回日本翻訳大賞授賞式レポ1

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月18日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース