review

考察「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」2話。ミスパンダは本当にレン? 利き腕が気になる

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第2話が、1月19日に放送された(毎週日曜22時30分〜)。

ネガティブな性格の囲碁棋士・川田レン(清野菜名)は、メンタリストで同じ大学に通う森島直輝(横浜流星)の催眠術(?)によりミスパンダに変身。ミスパンダは、闇に隠された真実を炙り出し、“クロ”と認定したターゲットを嬉々として公開処刑する。
考察「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」2話。ミスパンダは本当にレン?  利き腕が気になる
イラスト/たけだあや

第2話あらすじ&おおまかな謎


レンと直輝が通う東京誠立大学で、学長(阿南健治)がナイフを持った男に襲われる事件が発生。容疑者の男は3浪中の浪人生で、学長の息子・俊一(中尾暢樹)の不正入試疑惑を知り、その怒りからの犯行だった。

元文部科学省事務次官の柳本(渡辺裕之)と副学長の池渕(モロ師岡)は、すぐに記者会見を開き、不正入学が事実だったと発表。これにより、俊一は学内で居場所を失ってしまう。そんな中、ミスターノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、指示を受けた飼育員(横浜流星)は、ミスパンダ(清野菜名)と組んで事件にシロクロ付けようと動き出す。

1話完結型の今作には、縦軸に大きな謎が存在する。

・母の麻衣子(山口紗弥加)が療養生活をするきっかけとなった10年前の事件

・レンが10年前の事件でネガティブになった理由

・レンの部屋には麻衣子と2人の少女が映った写真があるが、片方は黒く塗りつぶされている。

・麻衣子の病室にも同じ写真があるが、塗りつぶされているのはレンの写真と逆の少女

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。