review

朝ドラ『おちょやん』寛治の心を溶かした、家族に恵まれなかった一平と千代の「俺の家の話」

『おちょやん』第16週「お母ちゃんて呼んでみ」

第80回〈3月26日(金)放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠 〉

朝ドラ『おちょやん』寛治の心を溶かした、家族に恵まれなかった一平と千代の「俺の家の話」
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

一平と千代の「俺の家の話」

居候している寛治(前田旺志郎)が芝居の支度金を盗んだことが発覚した。大山社長(中村雁治郎)は彼の素行の悪さを知りながら、わずかの期待をもって家族劇に預けたものの、諦め顔。でも千代(杉咲花)は寛治をかばう。

【前話レビュー】『おちょやん』人間不信から悪事を働く寛治 買い物でなくしたお釣りもくすねたんじゃねーの疑惑

「人生はもっともっと楽しいんやてこと、うちらが見せてあげな誰が見せてあげられますのや」

千代がそれほど人生をもっともっと楽しいと感じているとはドラマからはあまり伝わってこないのだが、少なくとも、どん底の人生をそれなりに上向きにして生きていることは感じることができる。

寛治はそのまま一平の家で暮らし続け、そんなある日、千代は寛治に自分の身の上話を語って聞かせる。

「あのときはほんまにつろうて、うちの人生ってこないなんかなと思うてたときに、一平が一緒になろうて言うてくれて」

ちょっと顔をほころばせ、一平を見てうんうんとうなづく寛治。その後、一平の身の上話。
「次は俺の番や」

父と子ふたり、芝居の世界に生きてきたところが「同じやな」と一平に言われて、顔がすこし緩む寛治。「この一座がおれの家庭やと思うてる」と一平。

家族に恵まれない千代と一平が「家庭劇」をつくって、「家庭」の味を少しずつ知っていく。これが「俺の家の話」って感じの5分。百合子の自分語り3分、寛治のトラウマ話2分よりも長い5分。ふたり分だからだけれど。

「そうですか。ほな僕はぼちぼち……」と去ろうとする寛治。そりゃ、ちょっと良い身の上話、されても……というところだろう。

「本題はこっからや」と千代が止め、居住まいを正して言うことは――
「うちらと一緒に暮らせへんか?」
千代は持ちかける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。