東京都は、ZEVの普及促進に向けて実施する2023年度「ZEV車両購入補助金制度」で新規に設定する自動車メーカー別の上乗せ補助対象を認定し2023年の補助金額を決定した。東京都が前記自動車(EV)などのゼロエミッションビークル(ZEV)購入に、日産、三菱自動車、そして米テスラ製EVなどに補助金10万円支給を支給する。


 今回の上乗せ補助金制度は、東京都民ならびに東京都内の事業者向けで、2022年に都内でZEV乗用車の新車を20台以上、ZEVとハイブリッド車の新車を合計300台以上販売した実績を持つ自動車メーカー、輸入事業者の新車が対象だ。


 補助金額は先年2022年の販売実績について、ZEV乗用車の割合が5.9%以上、ZEVとハイブリッド(HEV)乗用車の合計販売割合が37.9%以上、前年比2倍以上のZEV乗用車販売台数などの条件に応じて決まる。


 結果、補助額は日産と三菱自動車と米テスラのEVが10万円、トヨタレクサスホンダマツダBMW、MINI、ボルボ、ステランティス・ブランドのZEV乗用車が5万円となる。申請期間は2024年3月29日まで。


 日産では今般の東京都のZEV補助金について以下のようなコメントを発表、「当社のEV3車種は、東京都がZEVの普及促進に向けて実施する令和5年度 ZEVの車両購入補助金制度において、新規に設定された自動車メーカー別の上乗せ補助対象に認定されました──中略──これにより、東京都内に住所を有する個人または事業所を有する法人等が「日産アリア」「日産リーフ」「日産サクラ」を新車取得する際には、基本補助額に加えて、10万円の自動車メーカー別の上乗せ補助金が受けられます。再生可能エネルギー電力を導入している場合は、さらに補助額が上乗せされます。


 また、上記のEV3車種は、東京都による補助金に加え、国の令和4年度補正予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金(CEV補助金)」(最大85万円)、および東京都内の一部自治体による独自のEV購入補助金の対象となっています」


 本制度の対象は、2023年4月1日以降に初度登録された車両、かつ国のクリーンエネルギー自動車導入促進補助金の対象となるZEVで、制度に関する詳細は公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センターのHPで確認できる。(編集担当:吉田恒)