サガン鳥栖アカデミーの新たな試み。AI分析を育成現場に導入する理由

サガン鳥栖アカデミーの新たな試み。AI分析を育成現場に導入する理由
       

サガン鳥栖が描く「AI×育成」の未来像#1】

サガン鳥栖アカデミー・佐藤真一アカデミーダイレクターインタビュー

近年様々なシステムやサービスとして社会に普及しつつあるAI(人工知能)は、将棋やチェスでも活用が進んでおり、その波はスポーツの世界にも押し寄せている。サッカー界でもマンチェスター・シティを筆頭に世界中のクラブがこぞって導入を試みているが、いち早く育成現場での活用を発表したのは日本のサガン鳥栖だった。

すでにユース年代で好成績を収めており、トップチームにも松岡大起らアカデミー出身者を多数輩出している鳥栖は、「育成型クラブ」への転換期にある。その歩みを加速させるべく、2018年1月から提携しているアヤックスに続き、今年5月にはAI企業のLIGHTzとパートナー契約を締結した。名門のノウハウと最先端のテクノロジーの融合はどのような化学反応を起こすのか。新プロジェクトを主導する3人へのインタビューを通じて、鳥栖が描く「AI×育成」の未来像に迫っていく。

今回はAI導入の背景について、長年にわたりサガン鳥栖アカデミーで育成に携わってきた佐藤真一アカデミーダイレクターに話を聞いた。

育成現場が抱える「リソース問題」


――今年5月にサガン鳥栖は、AI企業であるLIGHTzの「サッカー×AI分析プラットフォーム」を導入することを発表しました。その中で「次世代育成での活用」を掲げられておりましたので、まずはアカデミーダイレクターの佐藤さんにお話をうかがいたいです。導入の背景として、育成現場ではどのような課題があったのでしょうか?


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「サガン鳥栖 + Instagram」のおすすめ記事

「サガン鳥栖 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「サガン鳥栖 + フェルナンド・トーレス」のおすすめ記事

「サガン鳥栖 + フェルナンド・トーレス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュース

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. サガン鳥栖 Instagram
  2. サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。