続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

毎熊晟矢が移籍することに決まったAZアルクマール。オランダ・エールディヴィジを制覇した歴史を持つ強豪クラブの一つである。

菅原由勢も所属しているこのクラブから羽ばたいていった「近年の世界的な名選手」を7名ピックアップしていこう。

セルヒオ・ロメロ

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」...の画像はこちら >>

AZ所属:2007~2011

後に所属したクラブ:サンプドリア、モナコ、マンチェスター・ユナイテッド、ボカ・ジュニオルス

国籍:アルゼンチン

マンチェスター・ユナイテッドで2015年から2021年までプレーしたアルゼンチン代表GK。ダビド・デ・ヘアのセカンドであったが、代表ではエミリアーノ・マルティネスが台頭する2018年までレギュラーを務め、96capを獲得した。

ラシン・クラブから2007年にAZアルクマールへと加入し、最初はサードチョイスであったが後にレギュラーを奪取。28年ぶりのリーグ優勝に貢献している。

ロン・フラール

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:2004~2006、2015~2021

後に所属したクラブ:フェイエノールト、アストン・ヴィラ

国籍:オランダ

AZアルクマールの下部組織で育ったロン・フラール。190cmの体格を持つ大型センターバックで、20歳でトップチームにデビューしてすぐにオランダ代表に呼ばれるという華々しいキャリアのスタートを切った。

それからまもなくフェイエノールトへとステップアップ。

その後は怪我に悩まされることも多かったが主力として活躍を続け、オランダ代表でも32試合に出場。アストン・ヴィラを経て2015年にAZへと復帰し、引退する2021年まで所属した。現在はAZのU-18でコーチを務めている。

ヨリス・マタイセン

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:2004~2006

後に所属したクラブ:ハンブルガーSV、マラガ、フェイエノールト

国籍:オランダ

オランダ代表で84試合に出場した名ディフェンダー。大柄な体格に正確な左足を備え、センターバックとサイドバックの両者をこなす器用さを持っていた。ウィレムIIで活躍したあと、2004年にAZアルクマールへと加入して名将コ・アドリアンセ監督の下でプレーした。

AZでは怪我もあって本領発揮とはいかなかったものの、2006年に移籍したハンブルガーSVで再ブレイクを果たした。

晩年はオランダに戻ってフェイエノールトでプレーし、引退後は2016年から2022年までウィレムIIで、2023年からはADOデン・ハーグでテクニカルディレクターを務めている。

デニー・ランツァート

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:2003~2006

後に所属したクラブ:ウィガン、フェイエノールト、トゥウェンテ

国籍:オランダ

アヤックスの下部組織で育ったもののトップチームでは出番がなく、移籍したMVVマーストリヒトとウィレムIIでブレイクした名ボランチ。2003年にAZアルクマールへと加入し、名将コ・アドリアンセ監督の下で活躍した。

オランダ代表でも38試合に出場し、2006年のワールドカップでもメンバー入りした経験を持つ。2014年にウィレムIIで1部昇格を置き土産に引退し、その後はAZのユースで指導者に転身した。昨季は12月までレフ・ポズナンでアシスタントコーチを務めていた。

フィリップ・コクー

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:1988~1990

後に所属したクラブ:フィテッセ、PSVアイントホーフェン、バルセロナ、アル・ジャジーラ

国籍:オランダ

センターバックからセンターフォワードまであらゆるポジションをこなした稀代の天才ユーティリティプレーヤー。オランダ代表101試合出場の実績を持つフィリップ・コクーがデビューしたのは17歳で加入したAZアルクマールだった。

若くしてレギュラーとして2シーズンをプレーしたあと、フィテッセへと移籍。それからPSVアイントホーフェン、バルセロナで活躍した。引退後は指導者として活動しており、PSVでは成功を収めたものの、その後フェネルバフチェ、ダービー・カウンティ、フィテッセではすべて降格圏に沈んで解任されている。

ムサ・デンベレ

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:2006~2010

後に所属したクラブ:フラム、トッテナム、広州城FC(広州富力)

国籍:ベルギー

ベルギー代表として82試合に出場した名ボランチ。トッテナム・ホットスパーで長く活躍し、その中盤からの巧みなゲームメイクはまさに職人芸だった。2018年のワールドカップでは日本代表とも対戦している。

ウィレムIIから2006年に加入した際にはアタッカーであったが、フラムへと移籍したあとに中盤へとコンバートされ、世界屈指の選手として大ブレイクを果たすことになる。

ジミー・フロイト・ハッセルバインク

続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名
続け毎熊晟矢!「AZアルクマールから世界に羽ばたいた名選手」7名

AZ所属:1991~1993

後に所属したクラブ:リーズ、アトレティコ・マドリー、チェルシー、ミドルズブラなど

国籍:オランダ

AZアルクマールから羽ばたいていった最高のストライカーといえばジミー・フロイト・ハッセルバインク。兄が所属していたAZへと加入したのは1991年で、その後2シーズンを過ごしたものの総得点は5ゴールのみだった。

その後オランダを離れてポルトガルへと渡ってブレイクすると、リーズ・ユナイテッド、アトレティコ・マドリー、そしてチェルシーでゴールを量産。代表ではファン・ニステルローイやクライファート、ベルカンプ、マカーイ、ファン・ホーイドンクらと時期が被っていたために活躍の機会が限られたが、90年代から2000年代にかけては世界有数のストライカーであった。

なお、現在はイングランド代表のアシスタントコーチとしてギャレス・サウスゲイト監督を支えており、EURO2024でも指導を行っている。