ストレイ・キャッツの歩みを再検証 「時代の最先端」だったネオロカビリー革命の裏側
拡大する(全3枚)
デビュー40周年を迎えた2019年、25年ぶりの最新アルバム『40』を発表したストレイ・キャッツ。ブライアン・セッツァー(G,Vo)、リー・ロッカー(Ba)、スリム・ジム・ファントム(Dr)の3人は、40周年記念のワールド・ツアーも敢行。さらに今秋には、40周年を記念したアナログBOXセット『Runaway Boys』もリリースしたばかり。ネオロカビリーの雄が歩んだ歴史を、荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)が振り返る。

パンク/ニューウェイブとの”早過ぎた”関係

近年のブライアン・セッツァーしか知らない世代の人たちに「ストレイ・キャッツはパンク/ニューウェイブの流れから登場したバンド」と言っても、ピンと来にくいかもしれない。初期ストレイ・キャッツの音源を網羅したアナログ4枚組ボックス・セット『Runaway Boys』が発売された今、時代の最先端にいた当時の彼らの歩みを、改めて振り返りたいと思う。

ファンにはよく知られていることだが、ストレイ・キャッツ結成以前の70年代後半、ブライアン・セッツァーはブラッドレス・ファラオスというニューウェイブ・バンドに在籍していた。ニューヨークのマクシズ・カンザス・シティなどに出演し、ブロンディの鍵盤奏者、ジミー・デストリがプロデュースしたコンピレーション・アルバム『Marty Thau Presents 2×5』にも2曲提供している。当時の方向性はオールディーズ・テイストをまぶしたニューウェイブという感じ。モダン・ポップ志向のメンバーと、ルーツ・ミュージックに造詣が深かったセッツァーとの間で、次第に溝が生まれていったようだ。

この記事の画像

「ストレイ・キャッツの歩みを再検証 「時代の最先端」だったネオロカビリー革命の裏側」の画像1 「ストレイ・キャッツの歩みを再検証 「時代の最先端」だったネオロカビリー革命の裏側」の画像2 「ストレイ・キャッツの歩みを再検証 「時代の最先端」だったネオロカビリー革命の裏側」の画像3