台湾指導者の尖閣諸島への対応、それぞれこんなに違っている=中国報道

台湾指導者の尖閣諸島への対応、それぞれこんなに違っている=中国報道
中国メディアは、「台湾の4人の指導者は尖閣諸島に対する主張が異なっている」とする記事を掲載した。台湾の厳戒令が解かれてからの李登輝氏、陳水扁氏、馬英九氏、そして現職の蔡英文氏の尖閣諸島への対応をそれぞれ紹介している。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国及び台湾が「固有の領土」として主権を主張している尖閣諸島(中国名:釣魚島)。新型コロナウイルスのさなか、中国は尖閣諸島周辺海域での行動をエスカレートさせており、6月21日の時点で中国海警局の艦船の航行が69日間連続で確認されている。これは2012年9月の尖閣諸島国有地化以降、最長の連続日数となっている。

 そんななか、中国メディアの今日頭条は26日、「台湾の4人の指導者は尖閣諸島に対する主張が異なっている」とする記事を掲載した。台湾の厳戒令が解かれてからの李登輝氏、陳水扁氏、馬英九氏、そして現職の蔡英文氏の尖閣諸島への対応をそれぞれ紹介している。

 李登輝氏は台湾の民主化の礎を築き、台湾初の直接選挙で総統となった人物だ。記事は李氏について、尖閣諸島に対する見方が「最も極端な人物」と否定的に紹介している。なぜなら、李氏は著書の「余生:私の命のと台湾の民主の道」ではっきりと「尖閣諸島は台湾のものではない」と主張しているからだ。歴史的に見ても尖閣諸島が中国のものであるという証拠はなく、国際法からしても主権は日本にあると明言したと伝えた。

 一方、民進党の陳水扁氏は尖閣諸島の台湾主権を明確に主張。任期中に尖閣諸島をめぐる争いはなく、話し合いによる解決を目指し、漁業権と主権を分けて扱うことで、日本から漁業権を獲得したと記事は評価した。その後の国民党・馬英九氏は「尖閣を守る戦いで重要な成員」と記事は紹介。陳氏と同じく話し合いによって2013年には日台漁業取り決めを結び、主権を譲るのではなく資源を共有することに成功したため、「在任中の重要な成果」と高く評価した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日の中国記事

キーワード一覧

  1. 尖閣諸島 中国

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。