なんだこの差は! 死ぬほど臭い中国の河川、鯉が泳ぐ日本の用水路=中国報道

なんだこの差は! 死ぬほど臭い中国の河川、鯉が泳ぐ日本の用水路=中国報道
中国メディアは、中国には「死にそうになるくらい臭い河川」が多いというのに、日本では鯉が生息できるほどきれいな用水路もあると伝え、この差は一体なぜ生じるのかと疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 著しい経済成長を遂げた中国だが、その背後には自然環境の犠牲があったと言える。土壌が有害な重金属で汚染された地域や、大気汚染が続く地域など、環境破壊の事例は枚挙にいとまがないほどだ。

 日本も高度経済成長の際には各地で環境破壊が進んだが、今では環境保護の重要性が広く周知され、破壊された環境もずいぶん元に戻ってきたと言えるだろう。

 中国メディアの百家号はこのほど、中国には「死にそうになるくらい臭い河川」が多いというのに、日本では鯉が生息できるほどきれいな用水路もあると伝え、この差は一体なぜ生じるのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事が紹介している「鯉が生息する用水路」は日本のどこでも見られる光景ではないが、長崎県や島根県、岐阜県など各地に存在するのは事実だ。一方、中国では都市部を中心に河川の汚染が深刻化しており、近づくと悪臭が鼻をつくような河川や、鮮やかな青や緑など自然環境では決してなり得ない化学的な色に染まった川などの存在は決して珍しいものではない。

 記事は、たとえ鯉の生命力が強く、用水路には生活排水が流れ込んでいないとしても、清流とも言うべき川が街中を流れ、そこに大きな魚が生きているという光景は中国では見ることができないものであることを強調。日本人は環境保護に熱心で、きれい好きであり、鯉を捕まえて食べる人がいないという国民性もあるからこそ「鯉が生息する用水路」というものが存在し得るのだと強調、中国の「死にそうになるくらい臭い河川」と大きな対比があることを強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
一体なぜなんだ! ベトナム人が日本を「どんどん好きになっているぞ」=中国報道
新幹線はいつもピカピカなのに! 中国高速鉄道はなぜ先頭車両が「虫の死骸」だらけなのか
空母化した「いずも」の戦力はロシアの空母すら凌ぐ可能性、そして我が遼寧も・・・=中国
日本サッカーは「平成」という時代に飛躍的な成長を遂げた=中国報道
日本人が中国高速鉄道に乗車すると感じる、新幹線との「明確な違い」=中国報道

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。