巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

4

恐怖の絵画たちを集めた展覧会「怖い絵」展がゾクゾクする

2017年10月16日 08時00分 ライター情報:おぜきめぐみ/イベニア
恐怖に焦点をあて、その絵の時代背景や隠された物語を読み解く『怖い絵』。2007年出版当初から大反響をうけ、シリーズ化されるまでのベストセラーとなりました。作中で登場した作品を筆頭に、本展のために集めた作品の展覧会が、2017年12月17日まで上野の森美術館で開催されています。


東京に先行して神戸で開催された同展覧会では、27万人以上を集めた「怖い絵」展。一体どんな怖い世界が観られるのでしょうか? 実際に足を運んでみました。


ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画が日本初上陸!


今回の「怖い絵」展で絶対に見逃してはならない作品の一つ、《レディ・ジェーン・グレイの処刑》は、展覧会チラシの表紙にもなっています。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーと長年の交渉を続け、数年越しに貸出許可がおりた本作は、イギリス本国でも大変人気の高い作品です。特別監修の中野京子氏は、この作品が借りられなければ開催は諦めようと思っていたと言うほど。
ポール・ドラローシュ 《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵
Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey, (C) The National Gallery, London. Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore, 1902 


イングランド最初の女王と言われている、ジェーン・グレイ。歴史に翻弄された彼女は、玉座に座ったのはたったの9日間。その半年後には処刑されてしまいます。まだ16歳という若さでした。そんな彼女の処刑シーンを描いた本作は、綿密に計算しつくされた画面構成からなり、演劇的な印象を我々に与えます。


ちなみに、ただ絵を眺めるだけでは絵の背景や物語の裏側を知るのは難しいですよね。今回の展覧会では、解説パネルがついています。それを読むことで、時代背景や物語の裏側をより知ることができます。特に中野京子氏による書き下ろし「中野京子's eye」は忘れずにチェックしてくださいね。

怖さも色々!? 神話から殺人鬼まで怖さのバリエーションも豊富


恐怖をテーマに約80点の西洋絵画・版画が展示されている同展は、6つの章構成となっています。ギリシャ・ローマ神話や聖書で語られる物語から、悪魔や怪物といった分かりやすい恐怖、悲劇的なエピソードや運命に奔走された人々の姿を描いた歴史など、様々な「怖さ」を感じることができます。

有名な戯曲「サロメ」のクライマックスシーン、ヨハネの首を前に恍惚とした表情を浮かべるサロメ。
オーブリー・ビアズリー ワイルド『サロメ』より《踊り手の褒美》1894年 ラインブロック・紙 個人蔵


近代絵画の父と呼ばれるポール・セザンヌの《殺人》。暗い浜を背景にした暴力的なシーン。セザンヌの心の闇が垣間見える本作は、これまで私たちがセザンヌに持っていたイメージとはかけ離れています。
ポール・セザンヌ 《殺人》 1867年頃 油彩・カンヴァス リバプール国立美術館蔵 (C) Courtesy National Museums Liverpool, Walker Art Gallery


切り裂きジャックの正体は画家だった!? 19世紀末にロンドンを恐怖に陥れた“切り裂きジャック”。その有力容疑者のひとり、シッカートの作品。何とも不気味な雰囲気ですが、これをきっかけに未解決事件の謎が解ける日も近いかも?
ウォルター・リチャード・シッカート 《切り裂きジャックの寝室》 1906-07年 油彩・カンヴァス マンチェスター美術館蔵 (C) Manchester Art Gallery / Bridgeman Images

関連キーワード

ライター情報: おぜきめぐみ/イベニア

フリーライター。本づくりの講座に通ったことをきっかけに、ライター活動を開始。現在は取材案件にも力を入れている。趣味は旅行とのんびりすること。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    うん、TBS 23 でも宣伝してた。

    5
  • 匿名さん 通報

    23:33 ここはお前の日記帳だ

    5
  • 匿名 通報

    暇潰しに行ってみたらアホみたいに人が押し寄せててびっくりした。作家自体は大したのいないんだけど...。

    3
  • 著作権違反です 通報

    完全に著作権違反です 特にモッサは著作権存続作家です。 日本美術著作権協会に報告させていただきます

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!