bit

テニスの最初の一球、「サーブ」か「サービス」か?

       
6月25日に開幕した全英オープンテニス、通称“ウィンブルドン”。
ロンドン郊外にある静かな高級住宅街・ウィンブルドンは、1年のうちこの時期だけ世界中からたくさんの人が集まり、活気に満ち溢れる。

ところで、テニス用語には謎が多い。
例えばポイントひとつとっても「0をラブっていうのはなぜ?」(→一説ではゼロが卵の形に似ていることから、フランス語で卵の意味の“レフ”が転じたらしい)とか、「15、30と15刻みのあとに40になるのはどうして?」(→こちらは、試合中に審判が45「フォーティファイブ」とコールしづらいから40「フォーティ」と言うようになったという説がある)、とか。

そんな謎のひとつとして、高校のテニス部時代からずっと気になっていたことがある。
「負け審判(負けた方が主審をする通称“マケシン”。負けたうえに審判をさせられる残酷なシステム)」を僕が毎試合のようにやっていたとき、どうコールすればいいのか迷っていた言葉。それは……。
「“サーブ”なのか? “サービス”なのか?」

最初のショットを、「サーブ」とも「サービス」とも言う。サーブを打つ人は「サーバー」であって「サービサー」じゃない。とはいえ「サービスエース」や「ファーストサービス」などとも言う。

果たして本来はどっちなんだろうか。長年の謎を解くため、日本テニス協会に聞いてみた。
質問者、つまりサーバーの僕が質問。
「サーブとサービス、どちらが正しいんですか?」
レシーバーのテニス協会が答える。
「規定として設けているわけではないですが、日本テニス協会が発行しているルールブックでは、すべて“サービス”で統一しています。ただし、サーブと呼んでもサービスと呼んでも問題はないです」
どうやら、サーブでもサービスでも用語としては正しいようだ。なんだかふわっとしたロブを打たれた気分。さらにレシーバーは言った。
「でも、英語では“サーブ”と呼んでいます。ウィンブルドンでも“サーブ”です。サービスっていう言葉は、知っている限りでは日本独自のもののようですよ」
お〜〜。ざわめく会場。

ラリーはさらに激しさを増す。
「じゃあなぜ、日本ではサービスなんですか?」
「私の聞いた話なんですが、海外から日本へテニスが入ってきたときはサーブだったらしいんです」
「それがどうして?」
「テニスのサーブって、2本までありますよね。そこで、サーブを複数形にした単語として“サービス”と呼ぶようになったようです」
強烈なスマッシュが決まった。場内から沸きあがる拍手。
あくまでも一説らしいが、なんだか納得させられた。

海外がサーブで、日本がサービス。
そしてサービスは複数形ってことで「ゲームセット」。

気になって、海外のテニス中継を見た。
確かに「ファーストサービス」じゃなく「ファーストサーブ」、「サービスエース」じゃなく単に「エース」と表示されていた。
(イチカワ)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年6月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。