小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第19回「果たせぬ凱旋」が15日に放送され、義経(菅田将暉)が義時(小栗)や時政(坂東彌十郎)に別れを告げて姿を消す様子が描かれると、ネット上には「ひたすらに胸が痛い」「涙出てくる」といった声が続出した。

【写真】京から落ち延びることになり静御前(石橋静河)に別れを告げる義経(菅田将暉) 『鎌倉殿の13人』第19回「果たせぬ凱旋」場面カット

 鎌倉では義時が頼朝(大泉洋)と義経の関係修復を模索する。義時は義経を鎌倉に戻すために様々な策を講じるが、京の後白河法皇(西田敏行)が妨害。さらに源行家(杉本哲太)が義経に接近し、頼朝への疑心をあおる。

 程なくして後白河法皇が頼朝追討の宣旨を出し義経が挙兵。これに頼朝は対抗し、自ら大量の軍勢を率いて京へのぼる。圧倒的な兵力の差を突きつけられた義経は再起を図るために失踪する。そんな中、後白河法皇は“頼朝追討”を撤回。今度は頼朝に対して義経を追討するよう宣旨の出すのだった。

 時政と義時は、鎌倉へ戻った頼朝から義経を見つけて捕らえるよう命じられる。京へ出向いた時政と義時の前に、みすぼらしい身なりの義経が姿を見せる。疲れた様子の義経は頼朝との関係修復をのぞむが、後白河法皇が自分を見限ったことを知るや思わず天を仰ぐ。義経は「私の何がいけなかった?」「戦のない世で、私のような者はどうやって生きていけば良いのだ?」と語りつつも、不敵な笑みを浮かべ「さらばだ…」と言い残し姿を消すのだった。

 頼朝を慕いながらも後白河法皇や行家によって対立させられた義経の悲劇的な運命に、ネット上には「このボタンの掛け違いの連鎖のような筋書きは哀しすぎる」「ひたすらに胸が痛い」などのコメントや「もうほんとに泣ける」「涙出てくるわ」といった投稿が殺到。

 一方で、義経と向き合い「策に長けた者は、かえって騙されやすいものだ」「まるで平家を滅ぼすためだけに生まれてこられたようなお方じゃなぁ…」と語った時政の言葉に対しても「歴戦の猛者にしか言えない名台詞」「時政父上の台詞が沁みる」「時政パパの優しさが、余計につらいよ…」などの反響が集まっていた。