グラミー賞やアカデミー賞なる全米のエンターテインメント系の授賞式大イベントが一段落した最近。

毎年話題になるのは決まって、誰がどんなデザイナーのドレスを着たか? どんなスピーチをしたか? のようなものだが、同時にどんなお土産をもらうのか? というのも注目される。

実はこれらの授賞式にはノミネート者はもちろんだが、プレゼンターやパフォーマンスをしてくれた人でもノーギャラ。つまり出演料は出ないらしいのだ。
その代わりに「お土産バッグ」がもらえるという。中味の商品の合計金額は日本円で75万円以上にもなるということで、選び抜かれた高級化粧品やアクセサリー、旅行券や一流ホテル券など、ありとあらゆるセレブが好みそうな物の詰め合わせになっている。

その中の一品に高級チョコレートがあったのだが、実はそのチョコレートを作ったのは日本人女性。シカゴ郊外でチョコレート屋さん「ショコラティン(Chocolatines)」を経営している和田理恵子さんのダイヤモンドコレクションの中のひとつ「ホワイトゴールド」が入っていた。

チョコレートというよりもまさにホワイトゴールドそのもの。上質なシャンパンをふんだんに使ったチョコレートで、真ん中には砂糖でできたダイヤモンドキャンディーが輝いている。きらめきの色具合など、今までに見たこともないアートなチョコレートだ。

そんなセレブに歓迎されるチョコレート職人の和田さんは、米国でMBA取得後、旅行会社経営を経てインテリアデザイナーになり、フレンチシェフになりつつも、アートが好きなこともあり、チョコレートでアート的なものができたら? と思いチョコレート職人の道を進むようになったらしい。しかしそのかたわらでピラティスのインストラクターでもあり、チョコレートを作りながらも、市販薬や処方箋の薬に頼らずに自分自身や人々の健康や身体に配慮し、自然治癒力を高めるレッスンを施しているという。