review

紅白出場の裏に秘められたドラマです! 水樹奈々『深愛』を読んでみました

紅白出場の裏に秘められたドラマです! 水樹奈々『深愛』を読んでみました
『深愛』水樹奈々/幻冬舎<br />発売日の2011年1月21日は水樹奈々31歳の誕生日
2009年NHK紅白歌合戦初出場という「あがり」がこれほどのドラマだったとは!
水樹奈々『深愛』は、歌手であり声優でもある31歳の女性が人生の栄光をつかむまでの自叙伝。

歯科技工士の父は、叶えられなかった「演歌歌手」という夢を幼い娘に託した。
〈「マイクに頼っているようじゃ、演歌歌手にはなれんぞ」〉。
〈ウィィイイイン! キュイイイイイン! ゴォオオオオオオオ!
凄まじいほどの騒音。その音は、父の手元から発せられていた。左手に持った白い塊を、右手に持った歯科用ドリルで削る音〉。
「とにかく喉を鍛える」という独特な哲学にもとづき、入れ歯や差し歯を加工する父のそばで一日中、白い粉塵にまみれての厳しい演歌レッスンは続く。

中学生で「全国せとうちカラオケ選手権大会」のグランドチャンピオンとなり、卒業とともに愛媛県新居浜市から上京、堀越学園芸能コースに進むものの、まったく鳴かず飛ばずの高校時代。周囲の冷たい目。そして、衝撃の「セクハラ」告白。才能を見出して東京に呼んでくれたボイストレーナーの「先生」との二人暮らしのなかでそれは続いていた。

〈「いいかい、腹式呼吸というのはここに力を入れるんだよ」
「先生、お腹はもっと下ですが!〉

才能ある少女の身に次から次へとふりかかってくる試練。それらに健気に耐え、愚直なまでのまじめさで乗り越えていこうとする水樹奈々の姿は、「ハートキャッチプリキュア!」のぶきっちょヒロイン「キュアブロッサム」こと花咲つぼみそのものだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年1月21日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース