review

「ブラック・スワン」は媚薬いらずの官能映画、女の子を誘って見てみよう

ホラー映画好きの男子は気になる女子を誘って「ブラック・スワン」行くがいいよ。
「えええー、バレエ映画なんでしょー」とか言ってるボンクラくん、間違ってます。
ホラーです、サイコスリラーです。そして言葉の真の意味での官能映画です。
観てる途中で感じやすくなっちゃってびくーっってしてポップコーンひっくり返したもん(ごめんなさい劇場)。

アカデミー賞主演女優賞受賞したナタリー・ポートマン演じるニナはバレエダンサー。白鳥の湖のプリマドンナに選ばれ、純潔なホワイトスワンと邪悪なブラックスワンの二役を演じる。
だが、邪悪なブラックが全然踊れない。
「もっと強く、官能的に、リアルに! 情熱的に! 誘惑しろ!」
プリマドンナとしてのプレッシャー、うまく踊れない絶望と焦燥。
自由奔放な黒鳥になれないニナがじょじょに精神を壊していってぎゃーーーっていうホラーなのだ。

監督は、「π」「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー。
ホラー的不安は最初からガンガンくる。足になじませるためにハサミでトウシューズのそこをガシガシやるアップ。揺れるカメラ。ドッペルゲンガー的に登場するキャラクター。母の部屋の不気味な絵の目が一瞬動く演出。鏡の中の自分が! 背中の傷。爪の逆剥けをはがそうとしたらべりべりーーーって! ぎゃーーー。
背中の傷は眠ってる間の自傷行為らしく、母親が「またやったのね」と、ニナの爪を切る。
母親はニナを過保護的に抑圧しているらしいことが、その前のシーンでわかってるのでこちらは気がきではない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク