review

東方Projectの公式コミック『東方茨歌仙』を読まないなんて馬鹿なの? 死ぬの?

東方Projectの公式コミック『東方茨歌仙』を読まないなんて馬鹿なの? 死ぬの?
『東方茨歌仙』1巻 あずまあや、ZUN/一迅社
今度の東方のテーマはエネルギー問題?
というか、電化されてないだろう幻想郷は!
と読者を置いてけぼりにして自分の世界に入ってみました。どうも、たぶん日本一東方Projectが好きな書評ライター、杉江松恋です。みなさん、もう読みました? 『東方茨歌仙』。まだ? とういうか、『東方茨歌仙』って何かって?
失礼しました。そこから説明が必要でしたね。

『東方茨歌仙』は、東方Projectの公式コミック最新版である。このサイトで何度も特集をしているのでそろそろ覚えてくださっている方も多いと思うが、東方Projectとは同人作家ZUNが個人サークル「上海アリス幻樂団」で制作している作品群のことで、2002年に発表された『東方紅魔郷』から今夏のコミケで頒布が予定されている『東方神霊廟』に至る弾幕系シューティング・ゲームがもっとも有名である。ただしシューティングだけを作っているわけではなく、『東方萃夢想』をはじめとするアクションゲームなど、周辺領域の作品を多数世に送りだしている。またZUN作曲によるゲーム音楽はそれ自体でいくつかのCDにまとめられており一つのジャンルを構成しているし、商業出版物では『東方香霖堂』などのような小説作品もある。そうした中に『東方三月精』『東方儚月抄』などの公式コミックがあり、今あらたに『東方茨歌仙』が加わったわけだ。原作はもちろん神主ことZUNで作画はあずまあや。同作は現在も一迅社刊行の雑誌

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース