review

西新宿よ永遠なれ! 玉袋筋太郎の童貞小説『東京スペースインベーダー』

西新宿よ永遠なれ! 玉袋筋太郎の童貞小説『東京スペースインベーダー』
西新宿の風景1
小学生のとき、「スペースインベーダー」というものが突如世の中に出現し、社会現象と呼ばれるほどのブームを引き起こした。
1978年のことである。
そのころ、小学5年生の赤江祐一は悪友たちとともに西新宿のゲームセンターにいた。
のちに玉袋筋太郎と名乗り水道橋博士と「浅草キッド」を結成する漫才師の若き日の姿である。『東京スペースインベーダー』は、玉袋の「童貞」小説である。
今でこそ超高層ビルが立ち並ぶ近代都市のようになっているが、昭和50年代までの西新宿は、木造家屋が立ち並ぶ古い住宅街だった。1965年に淀橋浄水場が廃止になり、広大な敷地が空き地になった。その跡地を中心に再開発が始まり1970年代には数々の超高層ビルが建てられていく(1971年に最初の超高層ビルである京王プラザホテルが竣工)。そんな変化の時代にあっても、周辺の町並みの変化は少なかった。街が解体されたのは1980年代のバブル期以降で、そのころのことはやはり西新宿出身のせがわきりが自伝小説『新宿キッズ』に詳しく書いている。
もともと西新宿一帯は商店が立ち並ぶ繁華街だった。戦前の地図を見るとよくわかる。靖国通りは新宿駅の大ガードを過ぎると青梅街道と名称が変わるが、その道路には新宿駅を発して荻窪駅に至る14系統の都電が走っていた。道の両脇には警察署(今の西新宿駅あたり)や税務署(東京医大並び)などの公共施設が並び、映画劇場などもあった。成子坂下の交差点を曲がって十二社通りを南下すれば、そこは池の下と呼ばれる色町だった。戦後は青線地帯と名称を変えたが、色っぽい街だったのである。志村けんなど、多くの芸人がここに住んでいた時期がある。歌舞伎町が現在のような繁華街に変貌したのは戦後のことだが、それ以前から西新宿は、艶めいた空気に触れている街だったのである。

あわせて読みたい

  • まさかデーブのギャグに救われるなんて! 震災後のデーブ・スペクターTwitter本

    まさかデーブのギャグに救われるなんて! 震災後のデーブ・スペクターTwitter本

  • 芸人スマイリーキクチ『突然、僕は殺人犯にされた』

    芸人スマイリーキクチ『突然、僕は殺人犯にされた』

  • ロケットおっぱいの語源!?「新宿鮫」パワーアップの十作目!

    ロケットおっぱいの語源!?「新宿鮫」パワーアップの十作目!

  • 新宿駅地下に「プリキュア」21人勢揃い。ポスターからみなぎる勇気!

    新宿駅地下に「プリキュア」21人勢揃い。ポスターからみなぎる勇気!

  • レビューの記事をもっと見る 2011年7月4日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。