bit

トルネード状に刻まれた溝で、麺類をシッカリつかむ箸

トルネード状に刻まれた溝で、麺類をシッカリつかむ箸
箸先には、溝がトルネード状に“グルングルン”。麺をつかまえて離さない。
以前、「使うほどにグニャッと曲がっていくお箸」という記事をお送りしたことがある。物を挟むごとに、先端が有り得ない方向にグニャリと曲がる箸。“使いやすさ”を完全放棄し、“面白さ”だけが印象に残る逸品であった。

確かに、アレは良かった。でもやっぱり、メディアの人間としてそれだけじゃ駄目だと思うんです。“使いやすさ”が優れたお箸も、お伝えするべき!
そして取材した、今回の一品。プラスチック総合メーカーの「曙産業」が発売している『あけぼの六角トルネード箸』は、すべらずに食べ物をシッカリつかめるお箸である。

何ですべらないのか? 実はこのお箸、先端にグルグルの溝が施されているんです。まさに“トルネード状”の。だからこそ、『トルネード箸』。特に、麺類を食べるのに最適なお箸のようだ。
「お子様やお年寄り、握力の弱い方でも麺類がすべらずにしっかり口に運ぶことができます」(同社・担当者)

このトルネード溝を施した目的だが、すべりを防ぐと様々な効果があるという。例えば「エコ対策として割り箸をやめたけど、すべって麺がつかめない」、「割り箸で食べるのに時間がかかる(店の回転が悪くなった)」等の悩みも、このトルネードで解消されることが期待される。

私も実際に、『トルネード箸』を取り寄せてみました。現物を手に取って先端を見ると、3本の細い溝が並列に渦を巻いて向こう側に伸びていく。触ってみると、溝の深さは結構なものだ。持ち手部分は握りやすく、テーブルの上でも転がりにくい六角形状の箸となっていた。

あわせて読みたい

  • すべらない箸“がっちりさん”

    すべらない箸“がっちりさん”

  • 焼き魚をキレイに食べられる箸

    焼き魚をキレイに食べられる箸

  • コネタの記事をもっと見る 2012年5月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース