review

広島カープの切ない魅力に取り付かれる女子大生『球場ラヴァーズ』

広島カープの切ない魅力に取り付かれる女子大生『球場ラヴァーズ』
『球場ラヴァーズ~私を野球につれてって~』(石田敦子/少年画報社)<br />野球を「観客席」「ファン」の視点から描いた新しい「プロ野球漫画」。『球場ラヴァーズ~私が野球に行く理由~』に続いて新章開幕!
《この真っ赤な応援は 21年むくわれていない 私と情けない同い年 広島東洋カープ》

球史に残る開幕スタートを見せた巨人に対して、いきなりつまずいた格好の広島カープ。開幕後8試合を終わってわずか2勝。今年もまたむくわれないのだろうか……。
冒頭の台詞は、プロ野球を「応援席」「ファン」の視点から描いた広島カープ応援漫画『球場ラヴァーズ』最新1巻の冒頭に登場する。
「21年」は去年のお話なので、2013年はもう「22年むくわれていない球団」、それが広島東洋カープだ。

さて、「最新1巻」と書いたけれど、『球場ラヴァーズ』は2010年から連載されている漫画。
主人の女子高生(その後女子大生)・松田実央が、広島カープを応援するキッカケでもあった「赤い帽子の人」を探す旅が終わり、物語に一区切りがついたのが『球場ラヴァーズ~私が野球に行く理由~』第6巻での出来事。
でも、ペナントレースも広島カープの戦いももちろん終わらない。
主人公を女子大生・太田日南子にスイッチし、『球場ラヴァーズ~私を野球につれてって~』として『ヤングキングアワーズ』誌上で2012年から新章開幕! 2013年のプロ野球開幕日にあわせ、第1巻が発売されたのだ。

新たな主人公・太田日南子は、カープが前回優勝した1991年生まれの21歳(連載開始時)。両親が離婚したのは巨人ファンの父と、ヤクルトファンの母との「野球愛のもつれ」だと思い込み、野球を毛嫌いしている女子大生。そんな彼女が人探しのために始めた東京ドームでの売り子バイトを通して、プロ野球と広島カープの切ない魅力に取り付かれていく過程が描かれていく。

あわせて読みたい

  • 2000本安打達成。ラミレスの成功は準備力だった

    2000本安打達成。ラミレスの成功は準備力だった

  • クビを宣告された男達の人生。プロ野球の光と影『戦力外通告』

    クビを宣告された男達の人生。プロ野球の光と影『戦力外通告』

  • もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』

    もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年4月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。