review

怖いもの知らずのお嬢様『ジゼル・アラン』がかわいすぎる

怖いもの知らずのお嬢様『ジゼル・アラン』がかわいすぎる
大家をやっているおてんばお嬢様ジゼルと、巻き込まれ体質のエリックのどたばた何でも屋さん。。ところが二人にも別れが……。『ジゼル・アラン』他、『ジョジョリオン』、『銀の匙』、『マギ』、『絶対可憐チルドレン』など今週発売。
今週は『ジゼル・アラン』の4巻が発売されます。
物語的にはそこまで複雑なことはないんです。20世紀初頭のヨーロッパで、ヒロインのジゼル・アラン(13)が「何でも屋」を開業するというお話。
いかんせんお嬢様育ちで、アパートの大家やってるジゼル、色んなことに頭突っ込みすぎ。好奇心はネコをも殺すぞ大丈夫か?
……やっぱり大丈夫じゃなくて、エリック・ルブランという小説家志望の青年がお手伝いさせられます。ジゼルに振り回されっぱなしですが、エリックは3巻でアパートを出たところ。
ジゼルは行動こそはちゃめちゃで怖いもの知らず、危なっかしいことこの上なしですが、お嬢様だからこそ教養があるのも面白い。
異国情緒あふれる、ノスタルジック・プチ・ミステリーです。

設定として組み合わせられているものは、別にそこまで斬新ではないんです。少女の成長と冒険の物語です。
このマンガなにが素晴らしいかって、その素材一つ一つ、20世紀初頭の光景だったり、ジゼルの感情や成長だったり、服装や小物だったりへの、細かなこだわりと愛情が尋常じゃないこと。

まずジゼルがかわいい。次にジゼルがかわいい。そしてジゼルがかわいい。
思春期おてんば少女の魅力を描くために魂削ってますこの作者。髪の毛の一本、洋服のシワ一つ、全てが「ジゼル」という黒髪の少女のための演出になっています。
そして20世紀初頭フランスとイギリスを足して二で割った系のアパートの描き方。なんでここまでっていうくらいに細かいところまで描いています。ほんと埃の一つ、小石の一つまでこりこりペンで緻密に描いているのが魅力的な画面です。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年10月15日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース