bit

意外な常識!? 北欧では立って仕事をするのも普通

意外な常識!? 北欧では立って仕事をするのも普通
「立って仕事をする」スウェーデンのオフィス風景。近い将来、日本でもスタンダードになるかも!
IT・福祉・環境・デザインなどの先進国として知られる北欧諸国だが、実はオフィス環境もかなり先駆的! なんと北欧のオフィスでは立って仕事をするのも一般的なのだ。

もちろん、一日中ずっと立ちっ放しなわけじゃない。立ったり、座ったり、各自が自由に好みの姿勢を選んで働けるスタイル。たとえば、集中したいときは座って作業に腰を据え、身体のポジションを変えたいときやランチ後に眠くなりそうなときは立ち上がる、といった具合に。

日本のオフィスではあまり想像できない光景だが、北欧にはこんな働き方を可能にしてくれるユニークなアイテムがある。それが、スウェーデンのイエッツビン社が作る「Sit and Stand(R)デスク」。デスクの高さをボタンひとつで自由に調整できる電動昇降デスクで、スウェーデンのオフィスの約75%に導入されているというからスゴイ。

もともとは1970年代に、24時間体制で働く電話交換手の腰痛を防ぐ医療機器として開発されたもの。身長や体型がバラバラな人たちが同じデスクを使っていたことで腰痛に悩まされ、ひいては生産性の低下を招いていたからだ。それが次第にオフィスかぐデスクとしても注目されるようになり、今ではオフィス環境に欠かせないインフラのひとつともいえるほど。

Sit and Stand(R)デスクを使うメリットはいろいろある。同じ姿勢でずっと座っていると首や腰が痛くなるのは、ご存じのとおり。立ったり、座ったりというポジションの変化は体の疲れを軽くし、腰痛や肩こりを自然に予防してくれる。また、座った姿勢から立ち上がると、眠気覚ましや集中力アップの効果もある。高さは70~120cmまで変えられ、単純に“立つ”or“座る”という2択ではなく、座っているときの高さのカスタマイズも自在。さらに、立った姿勢は周囲とのコミュニケーションも取りやすく、なかには「上司が立っているときは話しかけてもOK」など暗黙の了解が出来ているオフィスもあるようだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。