review

「魔女の宅急便」製作途中、宮崎駿はジブリを解散するつもりだった

宮崎駿は、スタジオジブリを解散する心づもりをしていた。
『ジブリの教科書5 魔女の宅急便』に、その経緯が描かれている。
プロデューサーの鈴木敏夫の談話。
“制作の最中、宮さんが「いったんここを閉じようよ」と言い出したのです。
宮さんはジブリのジブリの設立当初から、「ひとつのスタジオで映画を作るのは三本まで、三本も作ると人間関係がぐちゃぐちゃになってきて、ろくな作品がつくれなくなるから」と言ってきました。それなのに『魔女の宅急便』は、もう五本目。”

だが、この時は、鈴木敏夫が、まだ続けたいと考えていた。
“タイアップをはじめ、新たに覚えたことを活かしてもっと作りたいという思いが強くあった。”
それで、ジブリは解散をまぬがれる。
それどころか、
“スタッフの社員化、および固定給制度の導入。賃金倍増を目指す。”
“新人定期採用とその育成”
と方針を大転換するのだ。

鈴木敏夫は、「宮さんもそろそろ終わりだね」と言われたエピソードも語っている。
ヤマト運輸とのタイアップで、全国の営業所を利用して前売り券を販売しようとしていた。だが、結果的に販売できなくなる。
「なんのためにタイアップしているのか分からないじゃないか」と、東映の担当者から怒られる。
さらに、こう言われるのだ。
“「宮さんもそろそろ終わりだね」
僕がびっくりして「え、どういうことですか?」とたずねると、「いや、だって興行成績がどんどん下がってるじゃない」と言うのです。”
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク