review

加藤シゲアキ『Burn. -バーン-』本日発売。もはや「芸能人が書いた小説」ではない

加藤シゲアキ『Burn. -バーン-』本日発売。もはや「芸能人が書いた小説」ではない
『Burn. -バーン-』加藤シゲアキ/角川書店
芸能人が著書を発表すると、必ず「ゴーストですか?」とからかう者が出てくる。
3月23日に行われたNEWS・加藤シゲアキの第3長篇『Burn. -バーン-』の発表会における取材でも同じような質問があったらしい。囲み取材だから、おそらくは冗談だったのだと思うけど。それに対して加藤は「ゴーストがいると聞かれること自体、作品がおもしろいという証拠だと思っています」と答えた。
うむ。いい切り返しである。

本日3月24日あたりから、その『Burn. -バーン-』が書店に並び始めるはずだ。未読の方の興を削がないために、最初の部分のあらすじだけを少し紹介しておこう。

かつて天才子役と称された夏川レイジは、芸歴の絶頂期に突然引退した。それから20年が経ち、現在は舞台劇作家という立場である。仕事を評価されて演劇業界最高峰の賞を授かっただけではなく、妻の望美が第一子を宿すという幸せな出来事もあった。
だが、その幸福の絶頂において不幸な出来事が起きてしまう。望美が運転中に事故を起こしてしまったのだ。レイジは傷こそ負ったものの無事に息を吹き返したが、望美の意識は戻らない。その状態が長く続けば、二人の子供にも危険が及ぶ可能性があった。絶望に打ちひしがれるレイジの前に現れたのは、思いがけない人物だった。
かつての通り名はローズ、渋谷でJANISというドラッグクイーンが集まるクラブを経営していた。その口から「徳さん」という懐かしい名前を聞かされ、レイジの脳の中で20年前の記憶が徐々に甦り始める。小学4年生、子役として多忙な日々を送っていたころのことを、彼は完全に封印してしまっていたのだ。ようやく目を覚ました望美を見守りながら、レイジは取り戻した記憶を書き留め始める。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年3月24日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース