最相葉月『セラピスト』が、とても素敵な本だったので、人に会うたびにオススメしている。
今日4/10、NHKラジオ第一「すっぴん」「新刊コンシェルジュ」のコーナー(朝9時5分ごろ!)でもオススメするし(聞いてね)、『週刊スピリッツ』のコラムページ「イン・ハイ・スピリッツ」(4月14日発売号)でもオススメする(読んでね)。

この本は、もともと精神科医でもカウンセラーでもクライエントでもない著者が、カウンセリングの実態を多角的に書いた本だ。
こういった本は、案外めずらしい。
精神科医や専門家が書いた本は多い。
患者が書いた体験談も多い。
ジャーナリストが書いたものは、そもそも少ない。
あっても、精神医療に警鐘を鳴らすといったタイプがほとんどで、こういうスタンスで書かれたものは、いままでに読んだことがなかった。

最相葉月は、臨床心理学系の大学院に通い、学会に行き、セラピストやクライエントに話を聞く。
さまざまな取材をもとに「カウンセリングとは何か」「ひとはどのようにして回復するか」を探っていく。

第一章に登場するのは、木村晴子。
心理学者、河合隼雄の箱庭療法に感銘を受け、いち早く自分のテーマとして取り組んできたカウンセラーだ。
彼女の論文「中途失明女性の箱庭製作」を読んだのが、取材をはじめる直接のきっかけ。
“披露しようとしてつくっているわけではないどころか、玩具も箱庭も見えない人がどうやって箱庭を作るのか。なぜ治療ができるのか。これは、もう木村とその女性に会うしかないだろう。”