先週金曜(9月5日)の放送では、YMOとファッションを軸に、1980年代のバブル前夜のサブカルチャーと人々の気分を解説したNHK教育「ニッポン戦後サブカルチャー史」(講師は劇作家の宮沢章夫)。

続く今夜23時から放送の第6回のテーマは「「おいしい生活」って何?~広告文化と原宿・渋谷物語~ 80年代(2)」というもの。サブタイトルにあるとおり、その舞台として原宿・渋谷にスポットがあてられるようだ。番組サイトでの紹介文には、「その頃、原宿には先鋭的なクリエイターが集い、一種のサロン文化が生まれていた」とある。これを読んで私が真っ先に思い浮かべたのは、原宿にかつて存在した「セントラルアパート」という伝説のマンションだ。

セントラルアパートは、JR原宿駅から表参道を東へ少し歩くと明治通りに交わる、その交差点の一角に存在した(現在の住所でいえば東京都渋谷区神宮前4丁目30番地)。1996年に取り壊されたのち、GAPなどの入るティーズ原宿がオープン、さらに現在は東急プラザ表参道原宿が建つ。いまでは現地に行ってもその面影を見出すことは難しいが、セントラルアパートには1960年代から80年代にかけて、カメラマンやコピーライターなどのクリエイター、あるいは雑誌編集部などが入居し、クリエイティブな仕事に憧れる若者にとってあこがれの場所であった。

80年代の広告ブームの立役者で「おいしい生活」のコピーの作者である糸井重里も、このアパートにあった広告制作プロダクションを経て、1979年の独立後は「東京糸井重里事務所」を同所の6階に構えた。ちなみに