review

とんねるずの名付け親「ビンボーくさいのが嫌い」元日本テレビプロデューサー・井原高忠のすごい功績

とんねるずの名付け親「ビンボーくさいのが嫌い」元日本テレビプロデューサー・井原高忠のすごい功績
井原高忠『元祖テレビ屋ゲバゲバ哲学』(恩田泰子取材・構成、愛育社)<br />2009年に80歳となった井原が、あらためて半生と仕事を振り返った一冊。取材・構成を担当した恩田は読売新聞記者で、井原のほかにも伊東四朗・藤村俊二・井上ひさし・堀威夫・萩本欽一など彼とゆかりの深い人々の証言も収録している。巻末にはまた、1962年、雑誌「ヒッチコック・マガジン」に井原が寄稿した「ショウほど素敵な商売はない」を再録、ショービジネスに対する彼の一貫した考えがうかがえる。
去る9月14日に亡くなった日本テレビの元プロデューサー・井原高忠(たかただ)は、お笑いコンビ・とんねるずの名付け親としても知られる。

とんねるずの石橋貴明と木梨憲武は帝京高校の同級生で、「貴明&憲武」のコンビ名で活動を始めた。高卒後、2人とも就職したものの、1980年に放送の始まった日本テレビのオーディション番組「お笑いスター誕生!!」への出場を機にやめてしまう。ちょうど東京・赤坂のレストランシアター「コルドンブルー」に面倒を見てやるからと誘われていたこともあり、踏ん切りをつけたのだという。井原からとんねるずと命名されたのも、コルドンブルーでの修業中のことだった。

《木梨 (中略)「たかあき&のりたけ」じゃ覚えづらいから、明日までに考えてあげるからって。次の日に「できたできた」なんつーて、もらった名前がこれなんです。
石橋 貴明のTと憲武のNで「とんねるず」。普通、なんかあるじゃない、意味が。これはなんにもないの! 最初「とんまとのろま」はどうだって言われて、それだけはカンベンしてくださいって言ったんだけど。(笑)だから、これが最初キライでねえ》
(「広告批評」1986年3月号)

井原高忠は、日本テレビ在職中の1971年から退職する80年前後まで10年間、コルドンブルーでフロアショーの演出をしていた。とんねるずと出会ったのは、おそらく日テレをやめるかやめないかという頃だろう。もっとも、客が大人ばかりのコルドンブルーで、とんねるずはちっともウケなかったらしい。木梨いわく、出演し始めて

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。