review

絶対王者バカリズム、レジェンド板尾創路はどっちが強いんだ。大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」今夜

「この世の中に『すべらない話』より緊張するバラエティがあるのかと」(千原ジュニア)

松本人志がチェアマンとなり、10人の芸人が大喜利No.1を決める『IPPONグランプリ』(フジテレビ)が5月23日(土)に放送される。
最新のDVD第10巻では、2013.11.23 OAの第10回大会の模様を収録。
有吉弘行 / ウド鈴木(キャイ~ン) / 大久保佳代子(オアシズ) / 小木博明(おぎやはぎ) / 小出水直樹(現 : シャンプーハット こいで) / 設楽統(バナナマン) / 高橋茂雄(サバンナ) / 徳井義実(チュートリアル) / バカリズム / 又吉直樹(ピース)

大喜利といえば、一般的には「お題に対して面白い回答を言う」という認識。
しかし生の大喜利ライブでは、面白いことを言うだけでは勝つことはできない。
即興で答えを出す緊張感、回答するタイミング、答えの読みかた、他の出場者との駆け引き……。
「お題→答え」だけではない。空気や流れも支配する必要がある。いわば格闘技なのだ。

『IPPONグランプリ』は、芸人同士のガチの大喜利を観戦できる貴重な番組。
今回で13回目を迎え、絶対王者のバカリズムをはじめ、千原ジュニア、ロバート秋山など歴代優勝者が並ぶ。加えて、初出場や久しぶりの出場者が見逃せないラインナップ。
その見どころを3つにわけて伝えたい。


「レジェンド」板尾創路が参戦!



お題「せっかく完成した透明人間になる飲み薬。あまり使いたくない副作用とは」
板尾「透明人間からよく話しかけられる」

(2015/5/16 O.A. フジテレビ『IPPONスカウト』 本戦予告映像より)


テレビ・映画など、いまでは個性派俳優としての露出が多い板尾創路。
バラエティ番組ではNHK『着信御礼!ケータイ大喜利』の審査員長など、「一段上」のポジションにいる。
その板尾創路が久々に「プレイヤー」としての登場である。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

松本人志のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松本人志」に関する記事

「松本人志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本人志」の記事

次に読みたい「松本人志」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク