review

死刑もありえた、江戸の本屋さん事情

『江戸の本屋さん』という本は、1977年に発売された本なのだが、復刊され、最近電子書籍でも発売された。一般書のようで専門的な部分もある、不思議な本だ。
死刑もありえた、江戸の本屋さん事情
『江戸の本屋さん―近世文化史の側面』今田洋三(著)(平凡社)

江戸時代の本屋さん


江戸時代の書店は出版社を兼ねており、作家を育てたりプロデュースもしていた。何を印刷するか、どんな木で版を彫るか、何部印刷するか、どう店に並べるか。そういうことを全部やる。

大人気商品の製本が間に合わない時は、刷った紙と表紙に、綴じるひもをセットにしてそのまま渡す売り方をしたなんて記録もあるそうだ。

その一方では幕府からの強烈な言論弾圧で売れ筋商品が急に出版できなくなるなど、大変な商売。新聞のような時事性のあるものは一切禁止、死刑だってありうる世界だった。

江戸の出版業界


この本では、本屋が主役。学者、文才、浮世絵師など、江戸時代の華やかな文化にはさまざまなスターが登場するが、彼らが活躍する場を用意し、彼らが出会うサロンにもなった本屋の成立が分かってゆく。

江戸時代初期の京都、仏教関係や学問書を出して大成功する書店が現れ始める。すでにこの初期に『大般若経』(全600巻!)・銀50枚(現在の価値で200万円ぐらい)なんかが発売していたり、動きが激しくておもしろい。

しかしすぐに重宝記(ハウツー本)や好色本が大流行。大阪、江戸の本屋が次々に登場し、京都にとっての「出版不況」が訪れる。「かたい本は売れない」と嘆く様子は、まるで現代の本屋を見ているような感覚になる。本当にめまぐるしい。

あわせて読みたい

  • IT時代のクリエイター生存戦略徹底討論

    IT時代のクリエイター生存戦略徹底討論

  • 出版拒否された裏社会ライター壮絶映画

    出版拒否された裏社会ライター壮絶映画

  • 徹底検証Amazon買取vs.ブックオフ買取

    徹底検証Amazon買取vs.ブックオフ買取

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年9月3日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら