review

個性派俳優勢揃い「下町ロケット」とどっちが凄いか「あさが来た」37話

朝ドラ「あさが来た」NHK 月〜土 朝8時〜)11月9日(月)放送。第7週「だんな様の秘密」第37話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
個性派俳優勢揃い「下町ロケット」とどっちが凄いか「あさが来た」37話
NHKドラマガイド「連続テレビ小説 あさが来た」Part1 NHK出版

37話は、こんな話


九州の蔵野炭坑へやって来たあさ(波瑠)は、働く様子のない労働者たちにもの申す。あからさまに女性を軽視する彼らに、加野屋を背負っているという責任感で、あさは毅然と立ち向かう。

濃い俳優が集まった炭坑編


6週めの平均視聴率は23.1%で、2週目から順調にあがっている。36話中、最高視聴率24.1%をとった33話は、新次郎(玉木宏)が三味線の師匠とどうかなってしまうか!? とハラハラする回だった。

あさと新次郎の夫婦の絆も深まって、いよいよ九州編。演出はメイン演出家の西谷真一に戻って、一層引き締まる。

炭坑の支配人役の梶原善(三谷幸喜作品の常連)、炭坑の親分役の山崎銀之丞(福岡出身、つかこうへい作品の常連)、その妻役の富田靖子(憑依系・名女優)と、俳優陣の強烈な個性派が集まって、「下町ロケット」(TBS)と濃い俳優勝負ができそうな気配がぷんぷん。

胡散臭い人たちと向き合ったときのあさが、一向に動じず、ひたすらに真っすぐ明るく、白黒はっきりさせないと気が済まない性分を貫くところは立派だ。
ふつう、こんなにツワモノたちと向き合ったら、そちらに影響されてしまいそうなものなのに、まるでブレない芝居をやりきる波瑠に、大物の予感すらする。

キャスティングの巧さと言えば、6週から加野屋の雁助(山内圭哉)、亀助(三宅弘城)の番頭コンビに、手代の弥七役で、大阪出身の若手俳優・竹下健人が加わっていること。前から登場済みで、いつの間にやらトリオ漫才のようになっているなあと思っていたら、亀助があさについて九州に行ってしまったあとの、おもしろく事情を語る係として準備されていたらしい。ふいに7週から出て来させず、徐々に、3人で馴染ませているところが用意周到だ。

あわせて読みたい

  • 玉木宏の美脚「あさが来た」35話

    玉木宏の美脚「あさが来た」35話

  • 妾をかこってくれ「あさが来た」34話

    妾をかこってくれ「あさが来た」34話

  • 下手でも努力認めて「あさが来た」33話

    下手でも努力認めて「あさが来た」33話

  • 玉木宏あの本をなぜ「あさが来た」32話

    玉木宏あの本をなぜ「あさが来た」32話

  • 気になるキーワード

    1. 下町ロケット 最終回
    レビューの記事をもっと見る 2015年11月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事

    「下町ロケット + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュース

    次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

    次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース