bit

「うちの子になりなよ」男性視点から見る里親としての生活

海外の映画ではときどき出てくる里子制度。日本ではまだまだ聞き慣れない制度ですが、どのようなものなのでしょうか。このたび自身の里親体験を綴ったエッセイ『うちの子になりなよ』(イースト・プレス)を出版された漫画家の古泉智浩さんにお話を伺いました。
「うちの子になりなよ」男性視点から見る里親としての生活
『うちの子になりなよ』(イースト・プレス)

―――さっそくですが、里親になった理由はなんなんでしょう?

うちではずっと子どもが欲しくて不妊治療を僕が39歳のときから6年間続けていました。いつまでも子どもができなかったので踏み切ったんですよ。次はできるだろう次はできるだろうと続けて泥沼になって。夫婦仲もギスギスするしお金も出ていくし、何もいいことがなかったです。総額600万円かかっているという事実を知って愕然としました。

―――女性が40歳くらいだとまだ子どもができる可能性があるのでは?

それが泥沼のもとだと思います。テレビでは高齢の芸能人の成功例だけが放送されるじゃないですか。芸能人は常人よりはるかに幸運に恵まれている人で、引き寄せる力の物凄く強い人だと思うので、一般人が自分もそうだと考えるのはすごく問題があると思います。僕は警鐘を促したいです。

―――里親制度はどんなものでしょうか?

里子あるを一定期間、実の親から預かる制度です。養子と里子とは違います。養子はその子どもを自分の籍に入れて法律上の親子になります。里親には養育権はありますが、親権はありません。正直、円満な家庭ばかりなら必要のない制度です。里親、里子双方の家庭の不幸せによって成立している制度なので、心苦しい部分があります。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。