90s

明石家さんまが大竹しのぶに生電話! 27時間テレビが面白かった頃を振り返る

明石家さんまが大竹しのぶに生電話! 27時間テレビが面白かった頃を振り返る
つまらなくなった……。一体、何年前からこう言われるようになったのでしょうか。毎年の恒例行事として、7月23~24日にフジテレビ系で放送されたFNS27時間テレビですが、今年は特に評判が良くありません。
「フィナーレが茶番」「さんま&中居以外見所なし」「ジャニーズへの露骨な接待番組」など、ネット上で袋叩き状態。視聴率も史上最低の7.7%を記録し、こうなってくると、幾度となく取りざたされる「打ち切り説」も現実味を帯びてきます。

さて、こんな27時間テレビですが、輝いていた時代ありました。残念ながら現在では消滅説まで出ている同番組を懐かしむ目的で、名場面を振り返りたいと思います。

遡ること16年前、2001年の27時間テレビで事件は起こった


2001年放送の『FNS ALLSTARS27時間笑いの夢列島』は、総合司会を置かずに各コーナーのMCがリレー形式で進行していくという、2016年度版と同じスタイルを取っていました。
その結果、今年同様に当時の歴代最低視聴率を記録(11.4%)。低調な成績に終わりましたが、この年は、後々まで語り継がれる伝説の名シーンを生んでいます。

それは、『クイズ$ミリオネア』が行われた時のこと。レギュラー放送では一般人が1千万円獲得を目指す同番組ですが、この日は特別と言うことで芸能人が挑戦していました。
ファーストチャレンジャーのココリコ・遠藤が10万円を獲得した直後、素敵なサプライズが起こります。司会のみのもんたの一声で、急遽、応援ルームにいた明石家さんまが、次のチャレンジャーとして連れてこられたのです。彼の回答者としての参加は予定外。思わぬ大物の登場に、会場は沸きかえります。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月2日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。