90s

GLAYが口火を切り、宇多田ヒカルが終わらせた! 日本で巻き起こった「ベスト盤ブーム」

1967年にビートルズの歴史的名盤『サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド』が発売されてからというもの、アルバムにコンセプト性を持たせて、「これ1枚で1つの作品」とする価値観は広まり、やがて定着しました。
現在においても、オリジナルアルバムはアーティストがその時々にやりたいことを表現する一つのアート作品と捉える傾向にあり、音楽好きからは比較的好意をもって受け入れられています。

その前提からすると対極に位置するのが、ベストアルバム。こちらは多くの場合、レコード会社主導で製作が進められるため、商業主義的と見なされることもしばしば。椎名林檎のように「絶対にベストアルバムは出さない」と強烈に嫌うミュージシャンさえいます。
とはいえ、たった1枚に良曲が詰め込まれているお得感は特筆すべきもの。特に新規のファンにとっては「入門編」として機能するため、非常に有難いツールといえるでしょう。

GLAYの『REVIEW-BEST OF GLAY』がベスト盤ブームの口火を切る


そんなベストアルバムは日本において97年~99年ごろの一定期間、突如量産されました。きっかけとなったのが、97年10月に発売されたGLAYのベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』。
GLAYが口火を切り、宇多田ヒカルが終わらせた! 日本で巻き起こった「ベスト盤ブーム」
REVIEW-BEST OF GLAY

当時、『口唇』『HOWEVER』と立て続けにヒット曲を出し、ノリに乗っていた同バンド初のベストということもあって、発売初週から200.3万枚の売り上げを記録。最終的には、約488万枚のセールスを叩きだしました。

あわせて読みたい

  • 伝説の20万人動員ライブ! 「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を振り返る

    伝説の20万人動員ライブ! 「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を振り返る

  • 音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

    音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

  • GLAYブレイクまでの苦難 無理があったビジュアル系

    GLAYブレイクまでの苦難 無理があったビジュアル系

  • 90年代に始まる「新世紀エヴァンゲリオン」と宇多田ヒカルの歩み

    90年代に始まる「新世紀エヴァンゲリオン」と宇多田ヒカルの歩み

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年8月14日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース