90s

異端児・新庄剛志の挑戦 大谷翔平の前に"二刀流"をやる予定だった!

異端児・新庄剛志の挑戦 大谷翔平の前に"二刀流"をやる予定だった!
分裂すればいいのに……。こういう論調で語られるときは、打者としても投手としても成功している証拠です。大谷翔平の勢いが止まりません。投げては8勝4敗の防御率2.02。打っては打率.360のHR16本(2016年8月12日現在)。どちらもハイレベルな成績を残しており、改めて、異次元の存在であることを証明しています。

さて、そんな二刀流という未知の領域に挑戦し続けている大谷ですが、彼以前にも、この難題にチャレンジしかけた野球選手がいました。
現役時代、阪神タイガース⇒ニューヨーク・メッツ⇒サンフランシスコ・ジャイアンツ⇒北海道日本ハムファイターズを渡り歩いた、流浪のスーパースター新庄剛志です。

俊足・強肩の外野手として鳴らした新庄剛志


新庄の野球選手としての実績は、いわゆる名球界入りするような選手と比べてしまうと凡庸。けれども、「何か起してくれるんじゃないか」という期待感のようなものは、誰よりも持ち合わせていました。
1990年、ドラフト5位で阪神からの指名を受けて入団。俊足・強肩の外野手として20代前半から頭角を現した彼に二刀流の話が持ち上がったのは、98年シーズンが終了した直後のこと。当時就任したばかりのタイガース監督・野村克也から「投手」としての才能を見出されたのです。

「鍛えれば150キロは出る」野村監督が発言


高知県安芸市で行われた秋季キャンプにて、ノムさんは新庄のプレーに度肝を抜かれたといいます。バッティングに関してではなく、鍛え上げた肩から繰り出される推定145キロの速球にです。「スゴイ球。うちの"投手"陣の中で一番速い」と終始ご満悦の様子。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年8月20日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース