90s

えなりかずき、上沼恵美子…誰でもプロデュースした00年代前半のつんく♂

えなりかずき、上沼恵美子…誰でもプロデュースした00年代前半のつんく♂
去年、母校・近畿大学の入学式で、声帯の全摘出手術を行ったという衝撃的な発表をしたつんく♂。
声を失った後もノートパソコンを持参し、筆談でトーク番組に出演するなど精力的に活動を続けており、現在は「食道発声法」のトレーニングに打ち込んでいるといいます。

さて、つんく♂といえば、数々の人気ミュージシャンを手掛けた音楽プロデューサーとしても有名。特に90年代後半から2000年代前半にかけて、モーニング娘。を国民的アイドルへと押し上げた手腕は特筆すべきもので、この時期、彼に曲を書いてもらいたいと希望する歌手・タレントが続出したものです。
ここでは、そんなつんく♂がプロデュースしたアーティストの中でも「えっ、この人も?」と思えるような意外な歌い手を紹介していきます。

2001年 桜庭裕一郎(長瀬智也)『ひとりぼっちのハブラシ』


ギターのボディをコンコンと叩いてカウントを取る音。視線を合わせる2人の男。男の片方が弦をポロンと弾くと同時に、マイクを持ったもう片方が「ねぇ、君は…」と歌いだす……。曲がリリースされた10数年前と何ら変わらない歌声とメロディ。しかし、そこにいる2人の男は、様々な経験を重ねたせいか、渋みが増したような印象で、見るものを感慨深い気持ちにさせました。
2015年10月。NHKの歌番組『SONGS』にて、上記のように、TOKIOの長瀬がつんく♂が奏でるギターの音色に合わせて『ひとりぼっちのハブラシ』を歌いました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。