review

「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1

日本を代表する映画監督の一人である細田守が、2005年に東映アニメーションを離れた後、最初に監督した劇場版アニメーション『時をかける少女』
2006年7月15日の公開初日はわずか6館のみでの上映という小規模なスタートだったが、人気は口コミで広がり、最終的には40週におよぶロングラン興行に。
アニメファンの間では気鋭の作家として知られていた細田がファン層を大きく広げ、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』という大ヒット作を生みだしていく出発点となった。
公開10周年を迎えた2016年7月から、東京国立博物館での野外シネマや期間限定の「時をかける少女カフェ」のオープンなど、さまざまな記念企画が開催。「時をかける少女 10th Anniversary Blu-ray BOX」も発売された。
そこで10年前から作品に深く関わってきた、KADOKAWA代表取締役専務執行役員の井上伸一郎スタジオ地図代表取締役の齋藤優一郎プロデューサーKADOKAWAの千葉淳プロデューサーの3名に、当時の思い出や10周年記念プロジェクトについて語り合ってもらった。
「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1
左から、KADOKAWAの千葉淳プロデューサー、KADOKAWAの井上伸一郎代表取締役専務執行役員、スタジオ地図の齋藤優一郎代表取締役。3人は、10年前から『時をかける少女』をプロデュースし続けている

「細田君が作りたい物を作らせてやってくれ」と言われた


井上 最初は自己紹介ですかね。『時をかける少女』では、「企画」という立場でクレジットされています。実際に何をしたのかと言いますと、公開のさらに2年前、当時は角川書店のアニメ・コミック事業部長だったのですが、(アニメスタジオの)マッドハウスの丸山正雄さんから、細田守監督が独立されるので一緒に映画を作りませんかというお話を頂きまして。しかも、『時をかける少女』をやりたいというお話だったので非常に嬉しくて。「じゃあ、やりましょう!」と企画を進めさせて頂きました。

この記事の画像

「「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1」の画像1 「「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1」の画像2 「「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1」の画像3 「「時をかける少女」がつくったもの〜10周年座談会1」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク