90s

梅沢富美男、キムタク主演ドラマで大揉めした過去……フジテレビのドラマも出禁に

19日よりフジテレビ系列でスタートした『良かれと思って!』。この番組はバカリズム、劇団ひとり、澤部佑、カズレーザーの4人がMCを務め、ゲストに対して「良かれと思って」という名目のもと、言いたい放題の"口撃"をするという内容だ。

レギュラー初回となった放送にゲスト出演したのは、梅沢富美男、小倉優子、アンミカ。なかでも梅沢は、この日も過激なトークで場を盛り上げていた。

フジテレビドラマを"出禁"になった梅沢富美男


番組内でフジテレビのドラマを"出禁"になっているという衝撃的な事実を明かした梅沢。
梅沢によると、出禁の原因となったトラブルは以下の通りだ。

あるドラマにゲスト出演した際、台本通りに演じたにもかかわらず、監督からは「芝居変えてくれる?正反対な芝居をして」との言葉。それに対して役者としてのプライドが許さず、「それは出来ない!」と言い放ち、楽屋で3時間ほど籠城する梅沢。
梅沢自身はそのまま帰宅しようとしたが、マネージャーが説得したことによりなんとか撮影再開となった……。

さらに番組では、「フジテレビの有名な番組ですよ。視聴率40%くらいの」という事実も明かされている。

大揉めした番組は『HERO』だった


昨日の『良かれと思って!』では、その出禁のきっかけとなった番組名を語ることはなかった。
しかし2014年、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した梅沢は、フジテレビのドラマに出られなくなった番組名をはっきりと明かしている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク