review

おディーン様の復讐前日譚「モンテ・クリスト伯」最後に愛は勝つのか、複雑な1話を解きながら妄想してみた

4月19日(木)、木曜劇場モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―(フジテレビ系列)がスタートした。
原作は、日本では「巌窟王(がんくつおう)」の名で知られるフランスの名作『モンテ・クリスト伯』(アレクサンドル・デュマ)。主人公のエドモン・ダンテスをもじった柴門暖(さいもん・だん)を演じるのは、ディーン・フジオカだ。
おディーン様の復讐前日譚「モンテ・クリスト伯」最後に愛は勝つのか、複雑な1話を解きながら妄想してみた
イラスト/Morimori no moRi

怒涛のストーリーと主要人物をおさらい


公式サイトやポスターには、宗教画のようなメインキャストの写真と「それは、震えるほど美しい復讐劇。」というキャッチコピー。コピーのとおり、水産業者「守尾漁業」の船員である暖(ディーン・フジオカ)の復讐物語だ。

1話では、暖がなぜ復讐をしなければいけなくなったかという、いわば前日譚が描かれた。映画のようなスケールとスピード感。初見では、ちょっと待って追いつけないよ! と焦った。
原作に沿えば、2話以降もどんどん登場人物が増えていくはず。その前に、1話のストーリーと主要登場人物をおさらいしておきたい。

2003年の春、暖が乗る遠洋漁業船「海進丸」が遭難した。船長のバラジ(ベヘナム)と暖を信じて待つ守尾漁業の社長や街の人々。その中には、暖の婚約者である目黒すみれ(山本美月)や、暖の母・恵(風吹ジュン)姿もあった。
ある日、海進丸の帰港の連絡が入る。船員たちや暖は怪我をしたものの無事上陸したが、バラジだけは嵐の中で頭を打ち亡くなってしまった。

亡くなったバラジをテロ組織「ククメット」のメンバーと疑っている公安部参事官・入間公平(高橋克典)も、帰港に立ち会っていた。バラジの遺体をまさぐり何かを探す様子は、遠慮や死者に対する礼儀がない。冷酷な人間であることがうかがえる。

あわせて読みたい

  • 「IQ246」結局何が言いたかったのか

    「IQ246」結局何が言いたかったのか

  • 福島発アニメにディーン・フジオカ登場

    福島発アニメにディーン・フジオカ登場

  • 五代新次郎名言対決「あさが来た」86話

    五代新次郎名言対決「あさが来た」86話

  • 「フラ恋」まるで「デビルマン」の衝撃

    「フラ恋」まるで「デビルマン」の衝撃

  • レビューの記事をもっと見る 2018年4月26日のレビュー記事
    「おディーン様の復讐前日譚「モンテ・クリスト伯」最後に愛は勝つのか、複雑な1話を解きながら妄想してみた」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      面白そうだが❗見ていない❗

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    モンテ・クリスト伯

    モンテ・クリスト伯

    「モンテ・クリスト伯」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース