review

「花のち晴れ」なんじゃこの結末は!「花晴」はどうして「花より男子」ブーム再びとはならなかったのか

『花より男子』新シリーズ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS・火曜10:00〜)最終回。

何だかんだで馳天馬(中川大志)とのバトルに神楽木ハルト(平野紫耀)が勝利し、江戸川音(杉咲花)とくっつくという、ものすごく予想通りの結末。

それなのに、色々なことが納得いかない「なんじゃこりゃ!」な最終回だった。

とはいえ、面白かったか面白くなかったかでいうと、面白かったんだけど。
「花のち晴れ」なんじゃこの結末は!「花晴」はどうして「花より男子」ブーム再びとはならなかったのか
イラストと文/北村ヂン

どこまでも自分の本心を出さない主人公・音


納得のいかない……というか理解が追いつかない部分は多々あったものの、ラスト以外は全体的にすごくいい雰囲気で進行。

「まあ結局、音とハルトがくっつくんでしょ?」と予想しつつも、最後の最後までどういう結末になるのか分からない展開で、グイッとのめり込んで見てしまった。

ただ、最後までどうなるか分からないドキドキ展開になった理由は、「音の本心がぜーんぜん分からないから」という、最大の納得いかないポイントに直結しているのだが。

とにかく音のセリフが、心の声も含めて嘘ばっかりなのだ。

「天馬くんがピンチの時は、私が必ず助ける!」
「神楽木がこの試合に勝っても、天馬くんのそばにいるよ。天馬くんと一緒に生きていくって決めたから」
「どんな結果であろうと、私はもう(天馬を選ぶと)決まってる」
「この気持ちは曲げない。曲げちゃいけない」

ここまで「天馬に一途」アピールをしておきながら、まさか天馬と結ばれないエンドが待っているなんて思わないでしょ!?

あわせて読みたい

  • 「花のち晴れ」メインキャラが全員クソ

    「花のち晴れ」メインキャラが全員クソ

  • 「花のち晴れ」健気なメグリンに幸せを

    「花のち晴れ」健気なメグリンに幸せを

  • 「花のち晴れ」庶民狩り描写に時代錯誤

    「花のち晴れ」庶民狩り描写に時代錯誤

  • 「花のち晴れ」何もはじまってないよ

    「花のち晴れ」何もはじまってないよ

  • レビューの記事をもっと見る 2018年6月27日のレビュー記事
    「「花のち晴れ」なんじゃこの結末は!「花晴」はどうして「花より男子」ブーム再びとはならなかったのか」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      今田美桜さん美人で演技も上手かった。唯一目の保養でした。

      5
    • 匿名さん 通報

      ライター氏が溺愛するメグリンが大フィーチャーされて良かったね。あのシーンで「初恋」は絶対に使うべきではなかった。

      2
    • 匿名さん 通報

      音のラストバトルは心の中の晴と 頭の中の天馬でしたよね。 天馬を傷つけないために全力で晴を押し込めようとする音。音の苦しさに気付いた天馬がそれをやめさせたみたいな。

      1
    • 匿名さん 通報

      イラストの天馬、似てなさすぎです。肝心のドラマの内容は、なんだかモヤモヤする終わり方でしたね。続編やるとしても、映画でなくてドラマでして欲しいですね。

      1
    • 匿名さん 通報

      飯豊・めぐりんよりも、中川・天馬のほうが苦手だった。 原作以上に陰気くさかった。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    花のち晴れ

    花のち晴れ

    「花のち晴れ」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース