bit

イタリア人的には普通?パスタの茹で汁で皿を洗う合理的な理由

イタリア人的には普通?パスタの茹で汁で皿を洗う合理的な理由


パスタを茹でると残る大量のお湯、みなさんはどうしているだろうか。

おそらくだが、パスタをあげる時にそのままシンクに流す人が多いんじゃないかと思う。自分もそうだった。ちなみにパスタ1人前(乾麺で100グラム)を茹でる際に目安とされるお湯の量は2リットル。2人前の場合は3リットル程度。一食分を茹でるだけでかなりのお湯を捨てることになる。

しかし、先日イタリア人の友人宅に招かれて食事をした時、残しておいた茹で汁で皿を洗うという光景を目にした。聞いてみると、母親がそうしていたのがそのまま習慣となり、パスタを茹でるときはいつもそうしているらしい。え、それってイタリア人的には普通のことなの?

ちょっと気になったので、いろいろと調べてみました。

イタリア人はパスタの茹で汁で皿を洗う


その友人は、パスタが茹で上がったらざるにあげるのではなく、トングを使って鍋から直接フライパンに移してソースと和える。こうすることで鍋には茹で汁がそのまま残る。皿を洗うお湯として使えるだけでなく、パスタとソースを和える時いつでも茹で汁を追加できるから都合がいいらしい。

鍋に残った茹で汁はボウルか使い終わったフライパンに移し、使い終わった食器をしばらく浸けておく。そうすることで、皿にべったりと付いたソースやオイルが落ちやすくなる。友人はその後洗剤とスポンジでさっと洗うが、人によってはそのまま水ですすいで済ませてしまう人もいる。

この洗い方、最初に聞いたときは温かいお湯で油汚れを落とすのだと思っていたら、実は少し冷めた茹で汁でもいいらしい。半信半疑で自宅でもやってみると、確かに冷めていても油汚れは落ちるし、汚れの量によっては洗剤を使わなくても大丈夫そう。どういうメカニズムなんだろうか。

調べてみると、茹で汁にはパスタのでんぷんが溶け出していて、それが油汚れを吸着するのだとか。でんぷんに吸着された油はそのまま水の中に取り込まれるため、洗剤を使わなくても水ですすぐだけで流れ落ちる。そのため、水温が高くなくても油汚れを落とすことができるのだそうだ。

ただ、ラビオリのように中に肉やチーズなどの具が入ったパスタはお湯に油分が流れ出てしまうので皿洗いには適していない。皿洗いに使うなら、乾燥パスタの茹で汁を使うのがいいようだ。

あわせて読みたい

  • スパゲティを半分に折る描写で論争

    スパゲティを半分に折る描写で論争

  • カルボナーラ どこまで崩せるか

    カルボナーラ どこまで崩せるか

  • ナポリタンの起源を知っていますか

    ナポリタンの起源を知っていますか

  • パスタの茹ですぎは消化に悪い?

    パスタの茹ですぎは消化に悪い?

  • コネタの記事をもっと見る 2018年7月4日のコネタ記事
    「イタリア人的には普通?パスタの茹で汁で皿を洗う合理的な理由」の みんなの反応 9
    • 匿名さん 通報

      最初にキッチンペーパーで食べかすをふき取ってから洗う、が正解。

      13
    • 匿名さん 通報

      パスタに限らず、麺類のゆで汁にはぬるみがあるから、食器や布巾を洗うのによく使いますよ。「イタリア人は~!」と、びっくりしてニュースにするようなネタじゃないニャ

      11
    • 匿名さん 通報

      残念、最後は綺麗に水洗いしないと雑菌が繁殖する。

      7
    • 匿名さん 通報

      2CHや5CHと同じで,日本のことも知らないのに,イタリアでは,と言いたいだけのアホ

      7
    • 匿名さん 通報

      イタリアの茹で汁は海水以上の濃度の塩水。日本でサル真似すると下水管オシャカにする。そこまで覚悟でやるんなら、皿でもアタマでも好きに洗えばいい。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース