review

「キングオブコント2018」採点データ分析。新要素ネタ時間5分が分けた明暗、松本人志が突きつけたNO

9月22日に放送された『キングオブコント2018』(TBS系列)。11回目を迎えた今年は、大会にいくつかの変更点があった。決勝当日にファイナリストを発表したこと。そして、ネタ時間が4分から5分に増えたこと。この変更が大会にどのような影響を及ぼしたのか。審査員の点数から大会を振り返りたい。
「キングオブコント2018」採点データ分析。新要素ネタ時間5分が分けた明暗、松本人志が突きつけたNO
『キングオブコント2018』全組の審査結果。審査員がつけた最高点が赤、最低点が青

ファーストステージ:460点台の混戦


審査形式をおさらいしておこう。採点は5人の審査員(バナナマン、さまぁ〜ず、松本人志)が100点満点で行う。ファーストステージは10組がネタを披露し、上位3組がファイナルステージに進出。ファイナルステージも同様に500点満点で採点し、ファーストステージと合わせた合計得点が最も高い組が「キング」となる。

ファーストステージを1位で通過したのはチョコレートプラネット。誘拐された男が犯人の話を全然聞かず、「教えろ!」のハイテンションと犯人の狼狽で5分を押し切った。478点は現在の審査形式での最高点タイ記録だ(2015年ロッチ「試着室」、2017年かまいたち「ウェットスーツ」が同じ478点)。

この高得点に続き、わらふぢなるお、ハナコ、さらば青春の光、ロビンフットが460点台でひしめき合う。ハイレベルなコントがぶつかる大激戦になった。
「キングオブコント2018」採点データ分析。新要素ネタ時間5分が分けた明暗、松本人志が突きつけたNO
ファーストステージ 1位〜5位までを合計点数順に並べたもの。2位以下は460点台の団子状態に

例年ならファイナルステージ進出者は「上位5組」であり、先ほど挙げた組は全員進出できる。しかし今年はネタ時間が4分から5分に伸びたため、放送時間の関係から進出者は「上位3組」に減ってしまった。さらば青春の光とロビンフットは、ここで脱落となる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年9月24日のレビュー記事
「「キングオブコント2018」採点データ分析。新要素ネタ時間5分が分けた明暗、松本人志が突きつけたNO」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    ここ数年見ると勝てるネタの傾向が似てる。しっかり作ったやつだと勝てない。スポーツのように大会用のネタが必要になってきてる。

    5
  • 匿名さん 通報

    審査員の採点と俺に採点に大きなズレがあるんだけど、それって俺だけ?

    4
  • 匿名さん 通報

    オワコン

    3
  • 5884 通報

    言いたいこと、思っていたことが全部言語化されていてスッキリしました。

    3
  • 匿名さん 通報

    人様の悪口を言うな。結局、自分の人生が悪くなるだけだぞ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース