review

「プリティが多すぎる」仕事の失敗を気にしすぎて自己否定はしないで。プリティ千葉雄大に戻って今夜最終回

新見「僕は、ここでちゃんと生きないといけないと思う」

12月13日(木)深夜放送のドラマプリティが多すぎる(日本テレビ系)第9話。
雑誌『Pipin』が廃刊の危機にあると知った新見(千葉雄大)は、毎日更新するWeb版『Pipin』を立ち上げて新規読者層の獲得を目指す。リアルタイムなアクセス数を気にしながら、ユーザーにウケそうなコーディネートや投稿を考える新見たち編集部員。着実にアクセス数は伸びていったが、それに反比例するように「Pipinらしさ」は失われていっていた。
「プリティが多すぎる」仕事の失敗を気にしすぎて自己否定はしないで。プリティ千葉雄大に戻って今夜最終回
イラスト/まつもとりえこ

反省をしすぎると、それは自己否定になる


詩織「珠理のことで、自分を責めているの? だからPipinに必死になっている。違う?」
新見「きっとどこか、中途半端な気持ちだったんだと思います。Pipinだけを見ていなかったから」

8話で、新見はとっさの判断を誤り、珠理(川島海荷)というモデルを夢半ばで田舎に帰らせてしまった。自分は他人の運命を左右する重い責任のある仕事をしている。そう気づいた新見は、「文芸編集部に戻りたい」というわがままを捨てて、Pipinに一生懸命になることを決めた。

Pipinからよそ見しないように、新見は文芸編集部にいた頃の資料などを近松(中尾明慶)に譲る。でも、本屋に行けば文芸書の新刊や、いま勢いのある作家が気になってしまう。

「Pipinを守りたいと本気で考えています」と言った新見の言葉に、嘘はない。けれど、文芸編集者としての新見がなくなったわけではない。自分を変えたいと思うあまり気がはやり、新見は過去の自分を根こそぎ捨ててしまおうとしていた。

あわせて読みたい

  • プリティが多すぎる 予定あるあるある

    プリティが多すぎる 予定あるあるある

  • プリティが多すぎる 適当にやるの真意

    プリティが多すぎる 適当にやるの真意

  • 「プリティが多すぎる」で金曜乗り切れ

    「プリティが多すぎる」で金曜乗り切れ

  • 「プリティが多すぎる」そのキスは注意

    「プリティが多すぎる」そのキスは注意

  • レビューの記事をもっと見る 2018年12月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース